ホスト王・愛田武の妻や子供は?相続や遺産のトラブルを調べてみた!

こんにちは、えりっちです。

新宿の「愛」というホストクラブをご存知でしょうか?

ずいぶん昔に何かのインタビュー記事で拝見したことがあったのですが、そのころはホストクラブという場所がぴんとこなくて...

なにかの接客業なんだな...ぐらいの認識でした。

しかし、社長の愛田武氏のビジュアルはちょび髭が似合っていてとても印象に残っています。

そんな愛田氏の訃報が入ってきました。

経営者のかたというのは普段の様子はあまりうかがい知ることがなので、ずっと現役でお仕事をされている。と思っていました。

すでに社長の座は退任されていたようです。

そんな愛田氏の晩年を調べてみました。

 

スポンサーリンク


 

愛田武

 

あいだ たけし

 

生年月日 1940年7月1日
没年月日 2018年10月25日

没年齢 78歳

本名 榎本 武(えのもと たけし)

出身地 新潟県

職業 実業家

 

愛田武氏が結婚した妻や子供

 

愛田社長の結婚歴を調べてみたのですが、とてもモテたかたでいろいろな女性遍歴があったようです。

同棲していた女性がいたにも関わらず、結婚した女性がいてなんとその時点でその女性との間に隠し子までいたというから驚きです。

その結婚が初めてのようですが、妻となった女性は亡くなっています。

その後、元々同棲をしていた彼女(朱美さん)と再婚をしています。

この2番目の妻の朱美さんと愛田社長が知り会った時にはすでに人妻であったことからおふたりの結婚はとても困難がつきまとっていました。

愛田社長も同棲している彼女がいるのに、他の女性と結婚とは...

なんだか、普通の感覚では理解できないですよね。

でも、そういう武勇伝があるような方だからこそ、商売の才能もあったのかもしれませんね。

 

最初の奥様の間には男の子をもうけていました。

その後、ふたりの男の子も隠し子として明らかになりました。

 

そのふたりの男の子の母親はそれぞれ別の女性のようで、あまりにあちこちに子供がいて生まれ順は判明しませんでした。

 

愛田朱美さんはホストの女房 (河出文庫) [ 愛田朱美 ]という書籍も出版しています。

一般人の奥様が自叙伝を書くほど波乱に満ちた人生だったんでしょうね。

 

スポンサーリンク


 

愛田武氏の財産の相続は?

 

一世を風靡した店の経営者となると、財産もかなりのものでは?と思ってしまいました。

しかし、愛田社長の晩年を調べてみるとかなり寂しいものだったようです。

脳梗塞で倒れたあとは認知症などの症状も出て、そのころには自社の愛田観光の社長を退任することになります。

ここで、お子さんが社長に就任してお父様の面倒も看るのでは?と思ったのですが...

会社の代表の後任は奥様の連れ子であった娘さんが就くことになりました。

その娘さんはお父さん(ここでは義父ですよね)が経営していたホストクラブの権利を譲渡します。

お店のHPには愛田観光の社名や愛田武氏の名前も載っていますが、「事実上の身売り」という状況になっていて昔からお店を知っている人にとっても納得できないみたいです。

 

ご自身の血を分けた息子がいるのに、どうして連れ子の娘が会社を継いだのか?

ちょっと不思議な感じもします。

愛田社長が退任してからのご自身の暮らしぶりは、わずかな年金生活で老人介護施設に入所していたそうです。

なんだか華々しい仕事をしていたのに...寂しい限りですね。

 

スポンサーリンク


 

関連コンテンツ

スポンサーリンク

-著名人
-,