こうへいらーめんの営業日はいつ?店の場所やメニューを調べてみた!

2018/06/23

ラーメン店

 

こんにちは、えりっちです。

横浜に月に1度だけ営業するラーメン屋さんがあります。

よくスープの出来が悪かったから開店しないお店。など、極端に開店率が悪いお店って聞きますけど、月に一回だけの営業なんて少なすぎですね。

思わず「そんなにお店をあけなくてやっていけるの?」と心配になってしまいます。

 

ただし、これには深~い理由がありました。

店主の高谷康平(たかやこうへい)さんは、現在高校3年生でラーメン店でアルバイトをしながら、月に1度だけ場所を借りて自身のラーメン店「こうへいらーめん」を営業しています。

今日はそんな珍しい営業スタイルの「こうへいらーめん」の営業をする日程や、お店の住所とメニューについて調べてみました。

 

スポンサーリンク


 

「こうへいらーめん」の営業日はいつ?

 

 

月に1度だけの営業となると、一体いつ開店しているのか?

知る方法はあるのでしょうか?

こちらは、高谷康平さんがバイトをしているお店・「地球(ほし)の中華そば」のブログなどで「こうへいらーめん」の営業日を告知しています。

地球(ほし)中のブログをチェックしてみてくださいね♪

 

スポンサーリンク


 

「こうへいらーめん」の場所や行き方

 

「こうへいらーめん」は、「地球(ほし)の中華そば」の店舗を借りて月に1度営業しています。

お店の外観は「地球(ほし)の中華そば」の看板が出ているので「違うお店だ!」と早合点しないでくださいね。

 

住所 神奈川県横浜市中区長者町2-5-4-1F

電話 045-319-4248

営業時間 告知で確認

 

「こうへいらーめん」の営業時間は、その月によって時間帯も違うので告知を確認してください。

近くの公共交通機関は横浜市営地下鉄ブルーライン「伊勢佐木長者町駅」4a出口から徒歩5分

広い道路をまっすぐ進めばいいので迷いませんね。

 

「こうへいらーめん」のメニュー

 

「こうへいらーめん」では一体どんなラーメンが食べられるのかというと、メニューは決まっていません。

現在、固定のメニューはなく、毎月高谷康平さんが趣向を凝らした珠玉の1杯を提供しています。

過去に提供したラーメン「真鯛塩ラーメン」700円や「シャモロックと浅利とアイス南高梅の冷やし塩らーめん」800円など。

かなりこだわった食材が使用されていますね。

毎回、多くのお客さんが行列をする「こうへいらーめん」

ラーメンが大好きな高谷康平さんが作るラーメンを食べてみたいですね。

将来、かならず自分のお店を持つことになるんでしょうね。

今から「こうへいらーめん」のファンをがっちりつかんでいる高谷さん。

今後が楽しみです。

 

スポンサーリンク


 

関連コンテンツ

スポンサーリンク

-情報
-,