それってどうなの?

テレビでみたニュースや出来事に思わず突っ込みたくなる

鍋島莉奈(日本郵政)の弟も陸上?高校大学と成績を調べてみた!

こんにちは、えりっちです。

日本郵政グループ女子陸上競技部に所属している長距離選手の鍋島莉奈(なべしまりさ)さんをご存知でしょうか?

ここ数年で、目覚ましい成長をしている選手として注目されています。

今回は、鍋島莉奈さんのプロフィールや出身の中学、高校、大学のことや陸上の成績など調べてみたいと思います。

まずは、鍋島莉奈さんのプロフィールからどうぞ。

 

スポンサーリンク

 

鍋島莉奈

なべしま りな

生年月日 1993年12月16日
年齢 23歳
出身地 高知県須崎市
身長 160㎝

種目 長距離走
日本郵政所属

 

鍋島莉奈さんの中学校・高校・大学

 

鍋島莉奈さんが生まれ育ったのは、高知県にある須崎市です。

中学は地元の須崎市立須崎中学校に通っていました。

ここで運命のいたずか、元々小学校の時にはサッカーに熱中していましたが、中学ではサッカー部がなく、陸上部に所属することになります。

サッカーも走る競技なので、陸上部で脚力が鍛えられる。と思ったのかもしれませんね。

でも、ここで陸上部を選んでいなければ今のように活躍する陸上選手にならなかったかもしれませよね。

どこでどんな風に人生が変わるかわかりません。

 

中学の陸上部の成績は、特に飛びぬけたものではありませんでした。

ところが陸上の楽しさを知ったからか、高校進学時には四国の陸上の名門校、高知県立山田高等学校に進学を決めました。

もちろん、陸上部に入部するためです。

この高校の卒業生には、タレントのはらたいらさんがいらっしゃいます。

近代五種の山中詩乃さんも出身ですね。

 

高校時代は残念なことに怪我も多くて大変だったみたいです。

大学は鹿児島県鹿屋市にある鹿屋体育大学に進学しました。

この辺りから陸上の記録が伸び始めています。

スポーツはどんなことがきっかけで伸びるかわかりませんね。

 

鍋島莉奈さんの弟も陸上選手?

 

鍋島莉奈さんの弟に関して興味がある人も多いみたいで、「もしかして同じように陸上をやっているのか?」と思って調べてみました。

よく、兄弟、姉妹で同じスポーツ競技をやっているパターンは多いですよね。

両親が同じ競技をやっていた。とか家庭の環境で同じスポーツを選ぶこともあります。

 

鍋島莉奈さんに弟がいる。というのは掲示板などで出ていたようで、その弟が陸上をやっているのか。

なにか具体的なソースは出てきませんでした。

今後、鍋島莉奈さんがメディアで取り上げられる時に家族の紹介などやったりするかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

鍋島莉奈さんの成績

 

鍋島莉奈さんは「女・坂本龍馬」と言われているそうで、どういったことなんだろう?とこちらも調べてみました。

出身の高知県ということも関係していると思いますが、髪の毛をきっちり縛ってレースで黙々と走っている姿が坂本龍馬のようだ。と言われているみたいですね。

鍋島莉奈さんは、高校生の時に全国高等学校駅伝競走大会に出場しています。

1年生から3年生までエントリーしています。

陸上の名門校で1年生から選ばれるというのは光るものがあったのでしょうね。

2年生の時には1区で19分40秒という成績を残してチームが全国12位となっています。

 

大学に入ってからは、日本学生陸上競技個人選手権大会女子5,000mで15分52秒95という大会新記録で優勝しています。

全日本インカレの女子10,000mでは3年と4年ともに優勝など着実に力をつけてきています。

 

自己ベスト

3000m - 9分03秒17 (2017年5月13日:袋井市)
5000m - 15分11秒83 (2017年8月11日:世界陸上ロンドン)
10000m - 33分18秒69 (2015年9月11日:全日本インカレ)

引用元:Wikipedia

 

日本郵政では2016年に全日本実業団対抗女子駅伝競走大会では区間賞に選ばれて、チームも初優勝に輝いています。

鍋島莉奈さんも大会最優秀選手に選ばれ、今後もさらに成績が伸びそうな勢いです。

 

今後の鍋島莉奈さんにとても期待しています!

 

スポンサーリンク

 

関連コンテンツ

スポンサーリンク

-スポーツ