それってどうなの?

テレビでみたニュースや出来事に思わず突っ込みたくなる

平田進也の年収は?ファンクラブの入会方法や妻や子供について調査!

こんにちは、えりっちです。

ぽかぽかしてきたら旅行に行きたいな~と思っていたら面白い添乗員さんを見つけました。

日本旅行でカリスマ添乗員として有名な平田進也さんです。

なんとファンクラブまであるそうで、一体どんなカリスマエピソードがあるのか気になってしまいました。

サラリーマンでカリスマ添乗員とまで言われるなんて収入のほうも気になってしまいます。

そこで、平田進也さんについて調べてみようと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

平田進也

 

ひらたしんや
生年月日 1957年5月31日
年齢 59歳(2017年4月現在)
出身地 奈良県
血液型 AB型
奈良県立五條高等学校→京都外国語大学卒業

1980年 日本旅行入社

 

平田進也さんのファンクラブって?入会方法は?

 

平田進也さんは2万人を超える会員がいるファンクラブがあるということです。

サラリーマンなのにファンクラブ?と思って調べてみました。

一般的にファンクラブってわざわざ入会したりというものですが、平田進也さんが企画したツアーに参加したお客様が「入会」という形になるみたいですね。

そしてファンクラブの方へは新しいツアー企画などがあるとお知らせが来るそうです。

他の旅行会社でも定期的に企画商品の案内など来ますが、平田進也さんのファンでもあるお客様とのやり取りを「ファンクラブ」というのは凄いネーミングセンスだな~と思います。

実際に、平田進也さんのツアーに参加したひとはリピート率90%以上というので凄い数字ですね。

 

 

日本旅行社のHPには平田進也さんが立ち上げた「ヒラタ屋」というページがあって独自のツアー企画をしています。

それだけ社内でも注目されているということですよね。

 

以前、平田さんが添乗しているところを密着した番組を観ましたが、とにかくトークがお上手です。

関西人特有のお笑いの要素もありつつ、バスの中では静かにしゃべることを心掛けているそうです。

それを聞いたときに「あれ?関西の人ってもっとガンガントークするんじゃないのかな?」と思ったのですが、平田さん曰くずっとバスで移動しているときに閉鎖された空間でうっとうしくならないため。とおしゃっていました。

それを聞いたときに「なるほどー!!」と納得しました。

長年、添乗員をやってきてお客さんとの絶妙な距離感がわかっているんですね。

でも、お話のところどころにはお客さんをいじったり突っ込んだりと、ツアー参加の皆さんが笑いに包まれて楽しい雰囲気が印象的でした。

 

スポンサーリンク

 

平田進也さんの年収を調査!

 

カリスマ添乗員と言われる平田進也さんの年収も気になってしまいます。

実は、平田さんの役職は日本旅行西日本営業本部担当部長という肩書もあります。

部長さんですよ~

そして添乗員もしています。

大忙しですね!

 

日本旅行社の年収は、勤続年数20年程度で営業課長だと400~600万円ぐらいです。

それから見ると、平田さんは勤続年数も長く部長職なので600万円以上の年収が間違いないですね。

しかも今や日本旅行になくてはならない存在になっています。

企画力やカリスマ添乗員としての仕事ぶりをみると1000万円はもらっていてもおかしくないと思います。

それ以外に、ラジオ番組やテレビ番組の出演、書籍を出版したりとお給料以外の収入もありますよね。

それらを合わせると1500万円ぐらいになる年もあるんじゃないかな?と思います。

 

奥さんや子供の家族情報も気になる!

 

添乗員という職業を聞くと、家を空ける仕事というイメージを持ってしまいます。

そこで、平田進也さんは結婚しているのか?と思ってこちらも調べてみました。

結婚されていてお子さんは男の子がふたり。

年齢的にはすでに成人されているぐらいになっているようです。

息子さんもお父さんがカリスマ添乗員と言われているなんてうれしいですよね。

お父さんが働いている背中を見て育ってきたんでしょうね。

理想のお父さんではないでしょうか。

 

これからも楽しい企画でお客様を喜ばせて欲しいです。

関西に行ったときに参加してみたいな~

 

スポンサーリンク

 

 

関連コンテンツ

スポンサーリンク

-その他