それってどうなの?

テレビでみたニュースや出来事に思わず突っ込みたくなる

關颯人(東海大学)の父や兄弟も陸上?使用シューズや成績について

こんにちは、えりっちです。

箱根駅伝2018で目が離せないイケメンランナーがいます。

東海大学2年生で1区にエントリーしている關颯人(せき はやと)選手です。

關さんって珍しい漢字ですよね。

一瞬なんて読むのかと思ってしまいました。

こちらの漢字は「関」の旧字ということで、旧字を使った關さんは全国で340人ほどだそうです。

今回は、關颯人選手の父や兄弟、使用しているシューズについて調べてみたいと思います。

 

それでは、關颯人選手のプロフィールからどうぞ。

 

スポンサーリンク

 

關颯人

せき はやと

生年月日 1997年04月11日
年齢 20歳
出身地 長野県茅野市
身長 178cm
体重 57kg
血液型 A型

自己ベスト
1500m 3分42秒08 (2017年)
3000m 7分55秒44 (2017年)
5000m 13分35秒81 (2017年)
10000m 28分23秒37 (2017年)
ハーフマラソン 1時間03分12秒(2017年)

 

趣味は音楽を聴く、映画鑑賞ということでスポーツをしている人のほうが静かな趣味を持っていますね。

特技はサッカーのリフティングで100回程度なら簡単にできてしまうらしいです。

100回って凄くないですか??

運動音痴の私からすると思わず「100回もリフティングできるんだったらサッカーも上手なんじゃないか?」と思ってしまいましたが...

蹴るほうの才能はまた違うのでしょうか?

バランス感覚がいいんですかね?

そして、懐かしいルービックキューブも得意で6面完成させるのも朝飯前ということです。

ルービックキューブが出来る人って心から尊敬します!

出来る人に言わせるとコツさえつかめば揃えるのは簡単というんですが...出来ない人にしてみるとそのコツがわからないんですよね。

 

關颯人選手は長距離選手には珍しく高身長ですよね。

身長と体重のバランスを考えると、かなりの細身です。

モデル体型のようですね。

きっとモテて彼女もいるのかな?なんて思ったりしますが、箱根駅伝を目標にしている陸上選手は彼女とデートしている暇もないのかな?と思います。

 

關颯人選手の出身中学と高校

 

關颯人選手は地元の茅野市立泉野小学校から茅野市立東部中学校へ進学しています。

すでに小学生の時によくお父さんと一緒に近くの3000m級の山々を走っていたそうです。

東海大学の主力としての実力はそういった経験で培われたのでしょうか?

酸素の薄いところで走るなんて心肺機能が鍛えられそうですね。

中学校へ入ってから陸上を始めたということで、その時にはしっかりと基礎体力がついていたんだと思います。

高校は私立佐久長聖高等学校へ進学しています。

こちらの学校は1995年より中高一貫校となりましたが、高校からの入学も受け入れているようです。

偏差値64ということでかなりレベルの高い高校ですね。

コースは東京大学や国公立医学部などの最難関大学への現役合格を目指す「I類」

大学進学とハイレベルな部活動の両立を目指す「U類」、中高一貫教育のもと6年間で効率的な学習を目指す「V類」の3つがあります。

部活動も盛んで、野球部は夏の甲子園に7回出場、駅伝部は2008年に全国制覇、女子バスケットボール部は12回のインターハイ出場をするなど、全国レベルの部活が多数あります。

文武両道といったところでしょうか。

卒業生には、長距離走でロンドン五輪代表の佐藤悠基さん、スピードスケートでソチ五輪代表の菊池彩花さんなど世界レベルのスポーツ選手がいます。

お笑い芸人の島田秀平さんもいます。

關さんは高校3年間、全国高校駅伝に出場。

なんと2015年の大会の1区で1位から6位に入った選手のうち5人が關さんと同じく東海大学に入学し、同じチームとして走っています。

 

スポンサーリンク

 

關颯人選手が東海大学を選んだ理由

 

關さんが東海大学を志望したきっかけは、大学の設備が充実していることと、両角速監督の指導を受けてみたいと思ったことだそうです。

両角監督は關さんと同じ長野県茅野市の出身で、佐久長聖高校の監督をしていた経験もあります。

上で触れたようにチームメイトも有力選手ばかりなので、東海大学はかなり期待できそうですね。

 

梶谷瑠哉選手(青山学院大学)の出身中学と高校は?成績や性格は?

山本修二(東洋大学)のシューズは?出身高校と成績や兄弟を調査!

田村和希(青山学院)の父や兄弟と使用シューズは?高校や成績について!

 

關颯人選手の大学での成績

 

2016年の全日本大学駅伝こそ胃腸炎で出られなかったのですが、2017-2018年シーズンでは各種目で自己ベストを更新していて、今後の活躍が期待されます。

出雲駅伝


2016年第28回大会 3区01位 24:50 東海03位 区間賞
2017年第29回大会 6区01位 29:58 東海01位 区間賞

    
全日本大学駅伝

    
2017年予選会 4組11位 28:59.30 東海02位
2017年第49回大会 4区06位 40:42 東海02位

 

箱根駅伝


2017年第93回大会 2区13位 1:09:33 東海10位

 

關颯人選手の父や兄弟

 

關颯人選手が小学生の頃から山でお父さんと走っていたエピソードを知って、もしかしてお父さんも陸上経験者なのか?と思って調べてみました。

特に陸上をやっていたという情報は出てこなかったのですが、当時は關颯人選手が走る楽しさを知ってお父さんが一緒に付き合ってくれていたようです。

そんなお父さんがいたからこそ子供の才能が伸びたのかもしれませんね。

關颯人選手には高校生になる弟さんがいらっしゃいます。

もしかして陸上をやっているのかな?と思って調べてみましたが、こちらは確定するだけの情報がありませんでした。

同じように箱根駅伝を目指していたら、今後弟さんの詳細も出てくるかもしれません。

 

關颯人選手の使用シューズ

 

關颯人選手は高校生の時には、ミズノのシューズを履いていました。

オレンジのオーダーカラーというこだわりようでした。

現在、東海大学に入学してからは大学が採用しているナイキを使用しています。

ただ、關颯人選手の場合は部員が履いているヴェイパーフライ4%と少し型が違うシューズを使用しているようです。

もしかすると、關颯人選手の足に合わせて調整されたシューズなのかもしれません。

レースでは足元にも注目してみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

関連コンテンツ

スポンサーリンク

-箱根駅伝2018
-