それってどうなの?

テレビでみたニュースや出来事に思わず突っ込みたくなる

横坂源は結婚している?コンクール歴やコンサート情報を調べてみた!

こんにちは、えりっちです。

チェロ奏者の横坂源(よこさか げん)さんをご存知でしょうか?

いろんな楽器がありますが、チェロというのはあまり馴染みがない人も多いのではないでしょうか。

今日は過去の様々なコンクールで受賞をしているチェリストの横坂源さんについて、結婚はして子供がいるのか?

コンサート情報などもあわせて調べてみました。

 

それでは、横坂源さんのプロフィールからどうぞ。

 

スポンサーリンク

 

横坂源

 

よこさか げん

 

生年月日 1986年生まれ
年齢 31歳
 

桐朋学園女子高等学校

シュトゥットガルト国立音楽大学、並びにフライブルク国立音楽大学

今年のお誕生日が来ていたら31歳になります。

横坂源さんのお父さんは新潟大学で音楽関係の先生をしていたそうで、その時のお父さんの教え子がチェロをやっていたことがきっかけでチェロという楽器に興味を持ったそうです。

そういうエピソードでもないとチェロという楽器に触れることってないですよね。

4歳の時からチェロを習ったそうで、環境としては恵まれています。

大人になって楽器奏者になる方って幼少の頃から毎日練習をしていたんだろうな~という印象ですが、横坂源さんの場合はチェロの練習は1日1時間と決めてやっていました。

その練習量でプロのチェリストになれるのですから、元々才能があったんでしょうね。

 

高校進学の時には、地元の新潟県の公立中学か桐朋学園女子高等学校で音楽の勉強をするか迷いがあったそうですが、上京して桐朋学園女子高等学校に進学しました。

こちらは私立の中高一貫校で学名に「女子」が入りますが男女共学の学校です。

 

横坂源さんのコンクールの成績は?

 

小さい頃からチェロをやっていましたが、10代になるころにはいろんなコンクールで賞を取っています。

2002年 全日本ビバホール・チェロコンクールでの最年少優勝
2005年 第15回 出光音楽賞
2008年 第7回 齋藤秀雄メモリアル基金賞
2009年 全ドイツ学生音楽コンクールで第1位
2010年 第59回ミュンヘン国際音楽コンクール・チェロ部門で第2位
2012年 第14回ホテルオークラ音楽賞受賞

 

全日本ビバホール・チェロコンクールで優勝したときには若干15歳の時です。

 

スポンサーリンク

 

横坂源さんのコンサート情報

 


 

現在、静岡県の浜松市に在住している横坂源さんですが、浜松市内の小学校で子供たちにコンサートを開いたりしています。

子供のころにそんな素敵な音楽に触れたら良い刺激になるでしょうね。

浜松の子どもたちが羨ましいです!

 

2017年から2018年にかけての直近のコンサート情報はこちらです。

 

記念堂ピアノクインテット
シューベルトで楽しむ午後
日時:11/12 14:00開演
会場:焱の博記念堂文化ホール(佐賀)


アンサンブル・オーケストラ金沢
日時:2017/11/19 開演未定
会場:七尾サンライフプラザ(石川)

みなとみらいクラシック・マチネ~名手と楽しむヨコハマの午後~
日時:2017/12/19
【第1部】12:10開演
【第2部】14:30開演
会場:横浜みなとみらいホール

びわ湖の午後 51  萩原麻未×成田達輝×横坂源輝ける未来への源流
日時:2018/2/17 14:00開演
会場:びわ湖ホール(滋賀)

引用:https://wmg.jp/artist/yokosakagen/

 

横坂源さんのHPでは随時、コンサート情報が告知されるのでチェックしてみてくださいね。

 

横坂源さんはCDも出されています。

曲名をクリックすると試聴もできます。

 

横坂源さんの結婚と妻や子供

 

 

 

 

横坂源さん、イケメンですよね~

そこで気になるのが、結婚をして妻や子供がいるのか??ということです。

この情報...調べましたよー!

特に結婚しているという噂がないな~とあきらめかけたころ...

見つけました!

 

どうやら横坂源さんは、ご結婚されているようです...

奥様はドイツの学校にいるときに知り合ったクラリネットを勉強されているかたでした。

わざわざドイツ留学をしてクラリネットをやっているということは、現在も奏者として活動なさっているのかな?と思って調べてみたのですが、こちらの詳細は判らず仕舞いでした。

ドイツから日本へ帰国してから結婚されています。

お子さんの情報は見当たらなかったのですが、もしかするとすでにお子さんがいてもおかしくないですね。

ご両親の音楽センスを受け継いだお子さんも将来なんらかの形で音楽に携わるかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

関連コンテンツ

スポンサーリンク

-芸術