それってどうなの?

テレビでみたニュースや出来事に思わず突っ込みたくなる

白岩大佑の急須の価格や販売店は?経歴と作品展を調べてみた!

こんにちは、えりっちです。

今日は函館で急須作家をしている白岩大佑(しらいわだいすけ)さんについて調べてみたいと思います。

急須作家という言葉を初めて聞いたので興味津々です。

改めて考えると「陶芸」の世界でも急須の形状って特殊ですよね。

お皿を制作するのとは全然違う技法が必要です。

そんな白岩大佑さんの素敵な作品と価格、どこで購入できるのか?

作品展など開催しているのか調べてみたいと思います。

 

まずは、白岩大佑さんのプロフィールと経歴からどうぞ。

 

スポンサーリンク

 

白岩大佑

 

しらいわ だいすけ

生年月日 1985年

出生地 北海道松前郡松前町

北海道教育大学函館校芸術文化課程美術コース
 

生年月日は生まれ年まで判明しました。

年齢は誕生日前なら31歳ですね。

あまりに渋さのある作品からもっと年齢が上なのだと思っていました。

生まれたのは函館から90Kほど離れている松前町です。

北海道の人の感覚でいうと割と近いです。

 

大学の進学の時点で美術コースを選んでいるということは、元々、美術・芸術などに興味があったのでしょうね。

 

白岩大佑さんの急須の価格と作品

 

白岩大佑さんの作品はとても落ち着いた色合いとデザインで、まるで長年急須作家をしていたような陶芸家のかたを連想してしまいます。

 

 

 

 

どの作品をみても重厚さがあって色も形もいいですね。

こんな急須でお茶を淹れたら味も違って感じのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

最近ではお手軽な価格の急須も多いですよね。

急須作家のかたがデザイン制作したものって一体どれぐらいの価格なのかな?と気になったので調べてみました。

 

その作品によってお値段も差がありますが、だいたい15,000円~20,000円台ぐらいが主なようです。

やはり、それぐらいはするんですね。

 

白岩大佑さんの急須はどこで購入できる?

 

白岩大佑さんの急須はどちらで販売しているのか?

そちらもチェックしてみます!

現在、函館で工房をかまえている白岩大佑さんですが、函館市内にある「はこだて工芸舎」(函館市末広町8-8)でも取り扱っています。

こちらのはこだて工芸舎では、いろんな作家さんの工芸作品を置いています。

 

ネットでも白岩大佑さんの作品を取り扱っているサイトがあるので紹介しますね。

青鶴茶舗では現在、3点の作品が購入できます。

 

急須 "窯変" 白岩大佑作 210ml

急須 "窯変" 白岩大佑作 180ml

 

白岩大佑さんの作品展はやっている?

 

白岩大佑さんの作品展などやっていないのか?

こちらも気になりました!

2017年の作品展はすでに終わってしまっているのですが、年に1回ぐらいはなんらかの形で開催しているのかもしれませんね。

他は工芸展に出品された作品の展示などもあるようです。

 

 

個展や工芸展の告知はご自身のHPに掲載されるのでチェックしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

 

関連コンテンツ

スポンサーリンク

-芸術