それってどうなの?

テレビでみたニュースや出来事に思わず突っ込みたくなる

清元登子の夫と子供や家族は?現役時代の成績をリサーチ!

こんばんは、えりっちです。

元日本女子プロゴルフ協会会長をしていた清元登子(きよもとたかこ)さんの訃報が入ってきました。

ご自身もアマチュアからプロゴルファーとなり、様々な成績を残していました。

選手を引退されてからは指導者となり、不動裕理さんや大山志保さんなど選手の育成をしていました。

そんな清元登子さんの現役のころの成績や、結婚した夫や子供など家族について調べてみたいと思います。

 

まずは、清元登子さんのプロフィールからどうぞ。

 

スポンサーリンク

 

清元登子


きよもとたかこ
生年月日 1939年6月15日
没年月日 2017年9月16日
没年齢 78歳
出身地 熊本県
 

20代のころよりゴルフのアマチュアとして活動。

1974年に35歳でプロに転向する。

 

最近では女子プロゴルファーが多くなりましたが、清元登子さんの年代のかたでゴルフをやっているかたは少なかったでしょうね。

しかも職業にプロゴルファーを選ぶなんて珍しかったのではないでしょうか。

 

清元登子さんの現役時代の成績

 

アマチュア時代の成績は、1969年、1972年、1973年に日本女子アマチュアゴルフ選手権競技で優勝をしています。

この後、1974年にプロに転向することになりましたが、プロになっても日本国内のツアーで7回の優勝。

38歳の時にはアメリカツアーで2位になっています。

もしかすると、そのころの日本では好成績を残しても女子のプロゴルフというとあまり取り上げられなかったかもしれませんね。

 

清元登子さんの晩年の病気

 

清元登子さんは晩年になってから重い病気で闘病していました。

70代になってから脳梗塞になって治療とリハビリをしていました。

思ったより回復は遅れてベッドの上で過ごす時間も長かったといいます。

若い頃からスポーツをしていて快闊だったかたが身体が不自由になるのは、なおさら辛かったでしょうね。

 

スポンサーリンク

 

清元登子さんは結婚していた?夫や子供と家族

 

清元登子さんがご結婚されていたという情報は出てきませんでした。

晩年の闘病でも姉夫婦が支えになっていたようです。

そのことから考えても、独身であった可能性が高いと思います。

また、なにかわかりましたら追記いたします。

 

関連コンテンツ

スポンサーリンク

-スポーツ
-