それってどうなの?

テレビでみたニュースや出来事に思わず突っ込みたくなる

JAL先得CMのロケ地はどこ?灯台への行き方と写真撮影のコツも!

2017/10/06

こんにちは、えりっちです。

嵐の5人が出演するJAL先得CMが放送されています。

今までもJALのCMでは全国各地でロケをしていますね。

今回はJAL先得「旅の写真」篇ということで現在15秒と30秒のCMが作られています。

もしかして今後メイキングなどもワイドショーで放送されるかもしれませんね。

JAL先得CMのロケ地が気になったので調べてみることにしました!

白と黒の灯台なんてあるんですね。

初めて見ましたよ~

色に何か意味があるのかな?

 

スポンサーリンク

 

 

JAL先得CMで嵐がロケをした場所はどこ?

 

去年流れていた「山に願いを」篇のロケ地も阿蘇の山々がきれいでしたよね~

あのCMを見て行ってみたいな~と思いました。

 

今まで嵐が出演しているJALのCMで屋外のロケ地はどこも見晴らしも良くて旅行で訪れてみたいなと思わせるロケ地ですね。

今回のJAL先得「旅の写真」篇では北海道です!

上富良野市で撮影された5本の木以来ですね!

あそこは私有地なので近くまで行けないんですよね。

遠くから「お~あれが5本の木か~」と眺めて帰ってきました。

 

JAL先得「旅の写真」篇のロケ地は、北海道網走市能取岬(のとろみさき)です。

灯台は能取岬灯台という名前がついています。

 

北海道の地名ってわかりにくいですよね。(汗)

住んでる人間が言うか?(汗)

よく道外の友人に「これってなんて読むの?」と地名を聞かれます。

 

私の住んでいるところからは網走市....ずーーーーっと真逆のところなので、北海道縦断かぁ...

そろそろ雪になるな...

(行こうとしてる?笑)

 

でも、あのインスタ映えしそうな岬は惹かれますね~

ちゃんと行き方も調べましたので↓のほうへ進んでくださいね。

 

新宿の先僕黒板チョークアートの場所は?展示はいつまで?

先に生まれただけの僕の黒板チョークアートの作者は誰?

 

嵐がロケをした能取岬灯台とは?

 

嵐がロケをした能取岬灯台は、北海道網走市にある岬です。

能取岬

場所はごらんのとおり、北海道の右端!

岬から見える海はオホーツク海です。

ちょうど「網走」の網の字あたりに能取岬(のとろみさき)はあります。

 

お隣の斜里町付近は世界遺産とされた知床の地域です。

最近では知床を一目見ようと訪れている観光客も多いようです。

嵐のみなさんも能取岬でロケをした時に知床も見られたのかな?

忙しくて撮影したらとんぼ帰りだったかもしれませんね。

 

能取岬灯台の白黒のツートンと八角形のかたちも珍しいですね。

こちらは冬には灯台へいく道が封鎖されてしまうこともあるので、行くならCMと同様に夏の時期がおすすめです。

 

スポンサーリンク

 

JAL先得CMの能取岬灯台への行き方

 

能取岬灯台への行き方は車じゃないと灯台のところまでは無理なようです。

 

道外から行かれる方は、まずは女満別空港が最寄の空港となります。

道内は札幌、道外は東京、大阪、名古屋から就航しています。

道外から来られるかたは、女満別空港へ向かって能取岬灯台に行かれてから道東を周遊観光されて、帰りは釧路空港や帯広空港から帰る観光ルートもいいですね。

 

上富良野の5本の木を眺めて帰りたいという方は、旭川空港から帰るルートも良いと思います。

(ただし5本の木には近づけません。汗)

 

・網走市市街地から能取岬灯台への所要時間

 

車で20分弱

国道76号線(美岬ライン)を海に向かうと灯台への分かれ道に来ます。

ここでは道路標識に「能取岬灯台」と出ているのでわかりやすいです。

しばらく道なりに進むと駐車場があります。

駐車場からはすでに能取岬灯台が見えます。

徒歩5分ほどの距離です。

 

JAL先得CMの旅の写真を撮影するコツは?

 

 

「旅の写真」篇30秒

 

複数人で写真を撮るときにはこんな遠近法で撮ると楽しいですよね。

一人だとなかなか難しいですが...

最低でも2人とカメラでシャッター時間を設定して撮るか、やはりカメラマンにもうひとりいるとスムーズに撮れますね。

CMのように柵にカメラを置いてというのもいいですね。

このロケ地は網走市営美岬牧場と隣り合わせになっているので、あの柵も実際に牧場にある木の柵を利用したのかもしれませんね。

 

遠近法でうまく撮るコツ

・カメラのズームを広角(広い方)にする
・絞りがある場合絞れるだけ絞る
・奥に写る人は出来るだけ遠くに配置して手前側のひとはカメラにできるだけ近づく
 

このポイントに注意して撮影してみてくださいね。

多少うまく撮れなくてもCMのようにみんなでわいわいして撮っているだけで楽しいですね!

 

スポンサーリンク

 

 

関連コンテンツ

スポンサーリンク

-CM
-