それってどうなの?

テレビでみたニュースや出来事に思わず突っ込みたくなる

宮坂力特任教授の妻や子供と家族は?高校大学の経歴や研究をリサーチ

こんにちは、えりっちです。

ノーベル賞有力候補が発表になりました。

日本の研修者では桐蔭横浜大の宮坂力(みやさかつとむ)特任教授が選出されています。

宮坂力さんって「力」と書いて「つとむ」さんとお読みするんですね。

この読み方は初めて聞きました。

宮坂力さんの研究内容も気になりますが、研究を影ながら支えているご家族も気になります。

そこで、今回は宮坂力さんの奥さんや子供、家族についてと学歴などの経歴も調べてみたいと思います。

 

まずは、宮坂力さんのプロフィールからどうぞ。

 

スポンサーリンク

 

 

宮坂力

みやさかつとむ

生年月日 不明

年齢 64歳

出身地 神奈川県

 

宮坂力特任教授の高校・大学

 

宮坂力さんの出身高校は現在のところ判明しませんでしたが、出身が神奈川県ということで関東圏の高校の可能性が高いです。

1976年に早稲田大学理工学部応用化学科卒業をしたのちに東京大学大学院工学系研究科工業化学修士課程に進んでいます。

この大学は化学を学びましたが、高校生のときには別分野の建築に興味があり、ご本人も建築関係に進学する希望があったようです。

建築と化学、まるで専門分野が違いますね。

高校へはトップ入学したそうで、どんな分野を選んでも地頭が良かったのではないでしょうか。

大学で化学を専攻したのも当時不人気だったので受験で合格できる確率が高いことから選んだというから、驚きですね。

その研究をずっと続けてノーベル賞候補に選ばれているなんて人生どこでそうなるかわからないです。

 

宮坂力特任教授が結婚した妻や子供

 

宮坂力氏のご家族についてもとても気になります。

お父様は建築会社に勤めるサラリーマンだったようで、親の影響で研究者になったタイプではないようですね。

宮坂力氏の研究を陰で支えてきた奥様や才能を受け継いでいるお子さんについても調べてみましたが、こちらの情報は一切でてきませんでした。

もし、ノーベル賞を受賞したときは授賞式には奥様も一緒に参列されますし、何かの情報が出て来そうです。

新たに判明したら追記したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

宮坂力特任教授が研究しているペロブスカイト太陽電池

 

きっと説明されてもちんぷんかんぷんかな?と思いましたが、宮坂力特任教授が研究しているペロブスカイト太陽電池についても調べてみました。

特殊な構造のペロブスカイトを使用して太陽電池を作ることを研究しているそうで、この性質は材料に塗るだけでいろんな形状にも対応できたり、透明にして使用したりできるそうです。

今まで太陽電池というとソーラーパネルを想像しますが、未来ではもっと手軽に太陽電池の形状を変えて使用できるようになるかもしれないんですね。

なんだか毎年ノーベル賞を受賞した研究を聞くと「技術の進歩って凄いんだな~」と感嘆します。

 

宮坂力特任教授が出版されている書籍ですが、驚くような値段がするんですね。

新コンセプト太陽電池と製造プロセス (エレクトロニクスシリ-ズ) [ 宮坂力 ]

 

宮坂力氏の研究がノーベル賞受賞して評価されることを祈っています。

 

スポンサーリンク

 

 

 

関連コンテンツ

スポンサーリンク

-著名人