それってどうなの?

テレビでみたニュースや出来事に思わず突っ込みたくなる

ミョウバン水の作り方と消費期限!体臭対策の使い方と効果をあげる方法

こんにちは、えりっちです。

 

食品添加物として知っている方も多い「ミョウバン」

実は、水に溶かすことで強力な消臭効果が期待できるってご存知ですか?

  • 加齢臭が気になる方
  • ワキガが気になる方
  • 汗臭が気になる方

これら体臭に関する悩みを抱えている人に、ミョウバン水はおすすめなんですよ!

 

今回は、ミョウバン水の効果と作り方をご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

 

ミョウバン水の効果とは

 

ミョウバンは、「無水硫酸カリウムアルミニウム」と言う名で食品添加物として広く使用されています。

元は天然の鉱山「明礬(みょうばん)」のことでしたが、現代では食塩のように工場で作られることが多くなりました。

主にウニの型崩れ防止や、漬物の発色を良くしたり、防腐剤としても使用されます。

 

このミョウバンは水で希釈してスプレーにすることで、暮らしに嬉しい消臭効果があるんです!

 

では、臭いに有効なその効果を順番に見ていきましょう。

 

 

制汗作用

 

ミョウバン水を脇や背中など、汗をかきやすい部位にスプレーすることで、毛穴を引き締めて過度な汗を抑える働きがあります。

 

特に、皮脂の酸化が原因で起こる「加齢臭」は、汗を元に細菌が繁殖することで起こるとも考えられています。

 

そのため、制汗作用のあるミョウバン水は、加齢臭対策としても利用できます。

 

 

殺菌作用

 

ミョウバンは、水に溶けることで酸性になる性質がります。

酸性は、皮膚の表面の細菌の繁殖を抑える効果があるんです!

 

加齢臭や汗臭・ワキガなどの体臭は、皮膚表面の細菌によって皮脂腺に溜まった脂分が酸化し、臭いが発生しています。

 

ミョウバン水を脇や首などの汗をかきやすい部位にスプレーすることで、汗の臭いの原因菌を殺すことができます。

 

消臭作用

 

ミョウバンには金属が含まれています。

この金属は、臭いの元である成分と反応することで「酸化還元反応」を起こし、金属消臭で悪臭を消臭することができるんです!

汗を減らして細菌を殺しても、汗そのものに臭いの原因があれば、汗をかく限り体臭の悩みは尽きません。

 

ミョウバン水を気になる部位にスプレーするだけで、汗の臭いそのものを消臭することができます。

元から消臭することができるので、気になる体臭を和らげることができるんです!

 

スポンサーリンク

 

ミョウバンはどこに売ってるの?

 

ミョウバンは漬物などの食品添加物であるため、八百屋さんやスーパーで100円前後で購入することができます。

 

また、除菌やカビ防止効果もあるため、ホームセンターやドラッグストアの洗剤や家庭用掃除用品売り場で購入することができます。

 

 

生ミョウバンと焼きミョウバン、どちらが良いの?

 

ミョウバンには「生ミョウバン」と「焼きミョウバン」があります。

水に溶かしてスプレーにする場合は、水に溶けやすい生ミョウバンのほうが作りやすいです。

 

生ミョウバンは、薬局などのエタノールなどの消毒液売り場で販売されています。

しかし、焼きミョウバンでもミョウバン水を作ることができるため、価格も安く、スーパーなどで手軽に入手できる焼きミョウバンをおすすめします。

 

 

ミョウバン水の作り方

 

ミョウバン水は、100円ショップで売られているスプレー容器に入れてスプレーしたほうが使いやすく、体の気になる部位にまんべんなくスプレーすることができます。

 

では、ミョウバン水の作り方を見ていきましょう。

 

 

<用意するもの>

 

スプレー容器

ミョウバン 15~20g

水 500ml

 

 

<作り方>

 

スプレー容器に水500mlを入れ、そこにミョウバン15~20gを加えて良く振ります。

ミョウバンそのものが溶けにくいため、作ってから冷蔵庫などの冷暗所で3日程度寝かせると、しっかりミョウバンを水に溶かすことができます。

 

ミョウバン水を作った後の注意点

 

お手製のミョウバン水スプレーは、保存料などを加えていないため、作ってから1週間程度で使い切るようにしましょう!

保存も、冷蔵庫などの冷暗所で保管します。

 

ミョウバン水には前述したような消臭効果が期待できますが、体臭が強い人は効果が得られない場合があります。

 

また、ミョウバン水スプレーをしても時間が経てば臭うようになるため、こまめにスプレーをしなおすことが大切です。

 

スポンサーリンク

 

ミョウバン水に頼らず体臭を軽減する方法

 

ミョウバン水には優れた消臭効果が期待できますが、体臭が強い人にはあまり効果が感じられない場合があります。

また、作ってから2~3日寝かせる必要があるなど、ミョウバン水を作ることを手間に感じる人も多いですよね。

 

そこで、ミョウバン水に頼らず体臭を軽減する方法をご紹介いたします!

 

 

食事を見直す

 

体臭改善には、

  • 良いものを摂取して、体臭を軽減させる
  • 悪いものを控えて、体臭を促進させない

この2点が重要になります。

 

会社勤めの人などは、つい出来合いのお弁当や惣菜・外食などで食事を済ます機会が多くなりますよね。

しかし、バランスが悪く高カロリーの食事は、体臭を助長させてしまうです。

 

ナトリウムやカリウム・カルシウム・ミネラルなどを多く含んだアルカリ性の食事は、体臭改善に効果的です。

 

野菜や魚・果物などを日々の食事に取り入れ、揚げ物や肉類・お酒の摂取を控えるようにしましょう。

 

 

<体臭改善に効果的な食材>

 

  • わかめやひじきなどの海藻類
  • メロンやバナナなどの果物
  • ほうれん草
  • ごぼう
  • サツマイモ
  • にんじん 等

 

 

体臭対策用のボディーソープを使用する

 

加齢臭やワキガ・汗臭は、皮膚表面の毛穴に残った脂分か酸化し、細菌が繁殖することで強くなります。

 

皮脂や細菌などをしっかりと洗い落すためには、体臭対策用ボディーソープがおすすめです。

洗浄は体臭対策用の石鹸を使用して、日中にミョウバン水をスプレーするなどあわせて使うほうが良いですね。

 

毎日使うボディーソープを体臭対策用に変えるだけなので、忙しい人でもしっかりと体臭対策を行なうことができます。

<ニオイを根こそぎ洗い出す!>

なたまめを原料とした製品が注目されています。

 

まとめ

 

ミョウバンは、漬物の色づけや防腐・ウニの型崩れ防止などの食品添加物として使用されています。

そのミョウバンを水に溶かしたミョウバン水には、体臭に効く消臭効果があるんです!

 

ミョウバン水の作り方は、水500mlをスプレー容器に入れて、ミョウバン15~20gを加えて3日程度冷暗所に寝かせるだけ。

 

背中や脇・首元などの汗が気になる部分にスプレーすることで、体臭を軽減することができます。

敏感肌のかたが初めてミョウバン水を使用するときは少量を付けて様子を見てくださいね。

 

しかし、体臭が強い人は効果を感じにくいこともありますので、日々の食生活を見直し、ボディーソープを体臭対策用の物に変えると効果的ですよ!

 

 

関連コンテンツ

スポンサーリンク

-ライフ