それってどうなの?

テレビでみたニュースや出来事に思わず突っ込みたくなる

寺坂農園に除草剤を散布した犯人は誰?来年も収穫できる?

こんばんは、えりっちです。

メロンが美味しい季節になってきましたが、北海道の中富良野町にある寺坂農園で驚くような事件が発生しました。

何者かによって収穫間近のメロン畑に除草剤を撒かれたということです。

もちろんメロンは枯れて大きなビニールハウス6棟が全滅するということになりました。

しかも、除草剤以前にビニールハウスの換気装置の設定を変えられてメロンがダメになったりといろいろなトラブルが続いていたそうです。

 

まずは、今まであったトラブルと犯人について、今後の畑の状況などを調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

メロンの育成を阻害

 

それは7月10日から始まったそうです。

今まであったトラブルをまとめました。

 

・全自動換気装置が誤作動

(2~3日に一度の割合で繰り返された)

・ブレーカーを落とされる

・給水栓が開いて水が流しっぱなしになる

・6棟に除草剤がまかれる

 

最初は全自動換気装置が変えられている時には、勤務している誰かが間違って触ってしまったのかと思われていたそうです。

作業している時に誤作動もあり得ますからね。

しかし、何回となく続き、ブレーカーまで落とされて換気装置自体が動かなくなり、給水栓が開いたままで畑が水浸しになりそうな事態に...

ブレーカーが落ちたときには換気ができなくて4棟のメロンはビニールハウス内で蒸し焼きの状態になって被害が出たそうです。

そのあたりから、誰かのミスで誤作動になったのではなく、故意に設定がくるっていたりしたのではないか?という疑念が出てきました。

生産者の寺坂さんもまさか誰かそんなトラブルを仕掛けているなんて考えなったでしょうね。

 

そして、最後にはメロンのビニールハウス6棟に除草剤をまかれました。

 

スポンサーリンク

 

メロン畑を襲った犯人は誰?

 

よくニュースで収穫間近の作物を盗まれるというのを聞きますが、生産途中で作物を壊滅させるためにあれこれと画策するなんてあまり聞かないですね。

しかも、一度ならずとも何回も嫌がらせするなんて...

一体、この所業をした犯人の目的はなんなんでしょう?

嫌がらせ?

寺坂農園さんと言えば中富良野でかなり手広くメロンを栽培している農家です。

経営者の寺坂祐一さんは年商1億円の農家と言われて講習会の講師なども行っています。

 

 

もしかして、経営がうまくいっていることへの妬みなんでしょうか?

なんだか推察するのも心が痛くなるのですが、同じように農家をしているひとなど...

ライバル関係の人が犯人という可能性もありますよね。

寺坂さんの経営をつぶしたい。という考えで犯人は動いているのではないでしょうか?

 

素人だと換気装置がどこに付いているいるとか、その誤作動が作物にどんな影響が出るなど知らないと思うんですよね。

しかも、6棟に除草剤をまく労力はそういう作業をしたことがないと出来ないと思います。

犯人もなんらかの農作業の経験がないと出来ないのではないでしょうか?

 

警察のほうも捜査をしているようで犯人の絞り込みも進んでいるようです。

本当にこんな卑劣なことをする犯人は捕まって欲しいですね。

罪状は威力業務妨害になるのでしょうか?

 

今後や来年の作付けの影響

 

除草剤をまかれたメロン畑の今後も気になりますが、その畑のメロンは残念なことに売り物にはならず...

枯れてしまったそうです。

もう少しで出荷というところまで育って悲しいですね...

除草剤をまかれた畑が翌年も使えるのか気になったのですが、こちらは影響なく作付けが出来るようです。

 

寺岡さんも度重なる嫌がらせでかなり落胆されているようですが、従業員の方々と力を合わせて今後も農園を続けて行くそうです。

ここで気落ちして負けたら相手の思うつぼです!

 

早く犯人が捕まることを願っています!

 

スポンサーリンク

 

 

関連コンテンツ

スポンサーリンク

-事件