それってどうなの?

テレビでみたニュースや出来事に思わず突っ込みたくなる

前川浩一のお店はどこ?メニュー価格帯や予約と評判を調査!

こんにちは、えりっちです。

「世界の秘境で日本料理」で辺境の地でその土地の食材を使って日本の料理人が料理を作ります。

なんていう無茶ぶりな番組なんでしょう...

その料理人のひとり前川浩一さんが勤務しているお店はどこなのか?

気になったのでお店の場所と店名、どんなメニューがあるのか、気になる価格帯や予約の方法などを調べてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

前川浩一さんのプロフィール

 

簡単に前川浩一さんの経歴も調べてみました。

 

前川浩一(まえかわこういち)

生年月日 1982年8月24日

年齢 34歳

出身地 長崎県

長崎のホテルで日本料理を経験したのち、関西の割烹料理店を経て現在は祇園「 さゝ木」で料理長を務める。

 

将来はご自身のお店を出すのでしょうか?

祇園「 さゝ木」さんで修業をしたかたが出しているお店も評判がいいみたいですね。

やはり料理人という仕事は、どこで修業したかがその後の人生に大きくかかわりそうですね。

 

前川浩一さんが勤めるお店 祇園「 さゝ木」

 

調べてみると前川浩一さんの勤務先は京都の祇園でした。

もう、祇園と聞くだけで「お高いんでしょう?」

一見さんでもお店で食事できるのかな?といろんな疑問が...

 

まずはお店の詳しい場所をお知らせしますね。

 

祇園 さゝ木 (ぎおん ささき) 

住所 京都府京都市東山区八坂通大和大路東入小松町566-27
TEL 075-551-5000

定休日 日曜・第二月曜日

営業時間 ランチ 12:00~12:30 

         18:30~

 

 

建仁寺の近くです。

京阪本線の祇園四条駅より徒歩(10分)が一番わかりやすい公共交通機関のようです。

 

スポンサーリンク

 

祇園 さゝ木(ぎおん ささき)のメニューや価格帯は?

 

ジャンルは割烹日本料理ということでひとつひとつ丁寧に作られた料理です。

割烹料理だと一品のボリュームが少ないのでは?と思いましたが、お店の評判を調べてみると一通りコースを食べるとかなり満足感があるようです。

ランチの価格帯は6,000円~ということでやはりお高いようですが、内容と比較するとコスパが良い。という口コミもあります。

ランチでも前菜6品から始まるので椀ものやごはん、デザートまで含めるとかなり食べ応えはありそうです。

ランチの時間帯が12:00~12:30となっていて「随分と短いけど?」と不思議だったのですが、こちらのランチは12時から一斉スタートするというちょっと変わったスタイルです。

カウンター席についたお客様に次々と料理が提供されて、料理の説明がなされます。

他人と隣同士になっても何か不思議な一体感が生まれるそうで、その形も楽しいという評判です。

夜の価格帯は20,000円~なので、それなりのお値段ですね。

やはり、祇園の料理やさんだとこれぐらいはするんでしょうね。

 

祇園「 さゝ木」は予約が必要?

 

こちらのお店は「予約の取りづらいお店」として有名だそうで...

今現在でも早くて1年先の予約が取れたら良いほうということです。

う~ん、予約が取りにくいと言われると余計に気になってしまいます。(汗)

メディアにもたびたび取り上げられるようで、そのたびに予約がいっぱいになってしまいそうですね。

 

スポンサーリンク

 

 

関連コンテンツ

スポンサーリンク

-情報