それってどうなの?

テレビでみたニュースや出来事に思わず突っ込みたくなる

大和君は林道を移動?陸自演習場施設点検で居なかった謎

 

「直撃LIVE グッディ!」では大和君のお父さんと生電話で様子を聞いていました。

無事に発見されましたが、謎のおおい部分も多いですね。

陸上自衛隊駒ケ岳演習場内の蒲鉾兵舎(かまぼこへいしゃ)と言われる小屋で発見されました。

収容された市立函館病院の主治医は、6日間もひとりで居たので今はあまり質問もしていません。と言っていましたが、まだ詳しいことを聞くのは無理でしょうね。

 


スポンサーリンク

 

移動の謎

 

大和君が置いて行かれた三叉路から陸上自衛隊駒ケ岳演習場へは広大な樹海が広がっていました。

車などが通れない細い林道があるかどうかという場所で、山林を通っていくにはかなり危険が伴ってしまうような道です。

少し森林から外れたところに函館本線の線路が通っていて、演習場のほうへ伸びていますが、もしかすると線路上を歩いて移動したのでしょうか?

直線距離で動くよりは若干線路のほうが遠回りになりますが、迷わない、ある程度足元が林道よりは歩きやすいのかな?とは思いますが、こちらの線路の脇も森林で木々がうっそうとしています。

少しでも外れたらすぐに遭難してしまいそうです。

 


スポンサーリンク

 

 

お父さんの話によると、大和君は「雨が降った時は木の下にいた」と言っているそうです。

これは、行方不明当日の夜に雨が降ったときのことでしょうか?

大和君は夜になって演習場の小屋についたといことで、子供の足で歩いてかなりの時間がかかったと思います。

その間に、木の下で雨宿りもして進んだのですね。

真っ暗ななかすごい精神力です。


また「ずっとひとりだった」と説明しているそうです。

 

「グッディ」の最新情報によると、自衛隊からの情報では樹海のなかの細い林道を通ると演習場にこれるというルート説明があったようです。

本人は、まっくらでどこをどう通ったかはわからないでしょうけど、藪のなかに入らなくても通れる道はあるみたいですね。

 

陸自演習場施設点検では発見されず

 

発見された陸上自衛隊駒ケ岳演習場の蒲鉾兵舎(かまぼこへいしゃ)では、5月30日に月に一度の陸自演習場施設点検で兵舎の中も確認した時は、大和君の姿はなく、発見されなかったということで、この点も謎ですね。

本人は、28日のうちに小屋にたどり着いたということで、その時はいったいなぜ見つからなかったのでしょうか?

大和君が怒られると思って隠れたのか?とも思いますが、自衛隊のほうからは「点検の時はいませんでした」とだけ発表されています。

また、蒲鉾兵舎の3か所の扉があるうち鍵がかかっていなかった入口からはいったということです。

 

もし、大和君が兵舎ないで隠れていたとしたら、通常の点検では見つけることは難しかったかもしれませんね。


スポンサーリンク

-事故
-,