それってどうなの?

テレビでみたニュースや出来事に思わず突っ込みたくなる

大和君は不明当日に歩き演習場内の小屋にたどり着く【親が本人確認】

 

28日から七飯町東大沼で行方不明になっていた北斗市追分4の小学生田野岡大和くんが無事に発見されて一安心です。

ご両親も病院で本人と確認したそうです。

発見場所は、陸上自衛隊駒ケ岳演習場内にあった小屋です。

行方不明になった現場から直線距離で約6k離れています。

 

 

スポンサーリンク

 

山の中をどうやって移動?

報道では、三叉路から入っていくと行き止まりになり、その先は細い林道があるそうです。

その林道をたどると駒ケ岳演習場に出れるということで、そこを行ったのではないでしょうか?

しかし、林道といってもけものみちみたいな細さで周りは樹海で木々が生い茂っています。

しかも時間帯は、夕方でどんどん日が暮れたならあたりは真っ暗だったでしょう。

28日の夕方から暗闇のなか、約6k離れた演習場までたどり着いたのは奇跡としか言いようがありませんね。

少しでも道を外れたら迷子になっていたと思います。

大和君はどんなに心細く暗闇のなかを歩いて行ったかと思うと心が痛みます。

本当に無事だったのはかなりの運が良かったとしか思えないですね。

スポンサーリンク

 

1週間の間どうやって過ごした?

 

本人が水は飲めていた。ということで、陸上自衛隊駒ケ岳演習場内の小屋には食料などはなかったそうです。

近くに小川でもあったのでしょうか?

発見時は、服装は不明時のままということです。

不明になった当日は雨が降らなかったのが幸いでしたね。

その後の捜索時は雨がかなり降って気温も低下していたので、雨にあたっていたら体力を消耗するところでした。

小屋のマットレスにくるまっていたということで、雨風がしのげる場所でも夜の冷え込みはかなりだったと思います。

なにも食べ物がない状態で寒いところに1週間もいたなんて大和君の強靭な体力に驚きます。

 

今回は、演習中の自衛隊員に発見されたということですが、演習は毎日あるものなのでしょうか?

たまたま隊員のひとが小屋に行かなければもっと発見は遅れていたかもしれないと思うと恐ろしいですね。

スポンサーリンク

 

ネットでも大和君の驚異的な体力に驚く声とともに、安堵した様子でみなさんほっとしていますね。

この1週間、大和君がひとりでどんなことを思っていたのかと思うと悲しいですけど。

親に捨てられたという想いは強かったでしょう。

そのあたりが、ご両親と大和君のこれからの親子関係にどうなっていくのかな?と心配にもなりますね。

 

-事故
-, ,