それってどうなの?

テレビでみたニュースや出来事に思わず突っ込みたくなる

クラウドソーシングの評判 副業に向いてる?トラブルや収入が心配

最近は、主婦の副業なども自宅で仕事をしたりするジャンルが多いですね。

話題になっているクラウドソーシングについて調べてみました。

 

クラウドソーシングと評判

仕事の依頼主が内容を投稿して、その仕事が受けられそうな会員が申し込みして契約成立になったら仕事を請け負うという形の仕事斡旋です。

一般的な仕事と違い、単発のものやアンケートに答えるだけなど数分で終わる仕事などが数多くあります。

 

大手のクラウドソーシングサイトだと登録する側にデメリットはあまり聞きませんね。

報酬もすでにクライアントが入金済みでクラウドソーシングサイトにプールしていて未払いなどのトラブルもないようです。

利用規約などがあるので、仕事を受けるうえでの守秘義務などちゃんと守っていれば問題はなさそうです。

 

スポンサーリンク

 

仕事内容

 

簡単なものから拘束期間が長いものなどいろんなものがあります。

アンケートに答える、数百文字の体験談を書く、プロジェクトの企画をする、アイコンなどのデザインと、多種多様ですね。

 

どれぐらいの収入になるの?

 

これは、仕事の内容にもよりますが、指定されたサイトに行ってページがちゃんと表示されるか確認する仕事は数円から、時間がかかるような仕事ほど報酬が高くなります。

いろんな仕事を請け負って、月に数十万の収入になっているひともいます。

しかし、そこまでの報酬を得るには、ただ単に仕事をこなすだけでなく、クライアントが何を望んでいるか、細やかな気配りも必要になります。

副業だけではなく、本業としてかなり報酬を得ているひともいるようです。

 

スポンサーリンク

 

トラブルになったりしない?

 

お互いに、個人情報の確認書類をサイトに提出して身元がちゃんとしていいますが、あとは、どれほど請け負う側にお金が発生している自覚をもって仕事をしているか。ということが大事になります。

体験談を書くときに、他人が書いた体験談をそのまま提出してトラブルになる。という場合もあるそうです。

クライアントとしては、勝手にほかのひとの体験談を使われると、もともとの仕事のオファーが成立しなくなりますよね。

 

特別な資格が必要?

 

特に特別な資格も必要なく、登録できますが、仕事を受けることを考えると資格や体験がたくさんあったほうが、自分が応募できる仕事がより多くなることは間違いないですね。

そうは言っても、こんな体験談でいいの?というような「足のニオイに悩んでいるひとの体験談」など、けっこう身近で誰でもありそうな内容もあります。

旅行へいった感想など、実際に行った人で自分が素直に感じたままの文章でもクライアントは求めていたりするので、あまり「資格」と固く考えずに取り組めるのも人気なのかもしれません。

 

まとめ

 

いまは自宅でこういった職業で、副収入をえたりそれ1本で稼いでいるひともいるのですね。

ネットの普及ならではの仕事ですね。

田舎に住みながらネットで仕事をこなして生活するというスタイルのひともいるみたいです。

スポンサーリンク

-その他
-