それってどうなの?

テレビでみたニュースや出来事に思わず突っ込みたくなる

満留賀(まるか)店主竹本伸之の現在は?そばアレルギーは治った?

こんばんは、えりっちです。

年々アレルギーに悩まされているかたが増えていますよね。

我が家でもいろんなアレルギー持ちがいます。

去年、明治36年から4代に渡って営業していた老舗のお蕎麦屋さんが閉店しました。

明治時代からってすごいですよね。

113年おそばを打ち続けていました。

場所は東京の内神田「満留賀(まるか)」というお蕎麦屋さんです。

 

よく代々続いた商売をたたむという理由は後継者がいないから。というのが多いと思いますが、この「満留賀(まるか)」さんでは、ちょっと理由が違います。

店主の竹本伸之さんがそばアレルギーが悪化したことが経営を続けられない理由として挙げています。

 

2016年6月24日付で「一時閉店」という案内がありました。

一応、一時閉店ということですが、アレルギーがあるとなかなか再開は難しいのではないかと思います。

 

そこで、店主の竹本伸之さんの現在はどうしているのか、アレルギーについて調べてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

そばアレルギーって?

 

geralt / Pixabay

 

 

食品によるアレルギーで困っている人は多いですよね。

中でもそばアレルギーは、アナフラキシーショックを起こすような強いアレルギー反応が出る人も多いです。

酷い人は、呼吸困難や全身に蕁麻疹が出るなど拒絶反応が強いです。

重い症状の人は、蕎麦屋さんの店内に入るだけでも空気中に漂っているそばの粉に反応したり、そば殻を使った枕も厳禁だそうです。

最近では食品のパッケージに「そばと同じラインで製造されています」などという注意書きもよく見かけるようになりました。

加工食品の工場のことまで気にかけておかないといけないのですね。

 

竹本伸之さんの現在は?

 

店主の竹本伸之さんは、昔はアレルギー反応は出たことがなかったそうですが、年々手荒れなどの症状が徐々にひどくなっていきました。

ご本人はその段階でまさかそばが原因のアレルギーとは思っていなかったかもしれませんね。

単なる肌荒れと思っていたのかもしれません。

5~6年前からはかなりひどい状態だったそうで、2015年の年越しそばの時点では手を動かすこともかなり困難な状態でした。

ついにはそば粉を吸い込むことで過敏性肺炎まで発症。

 

閉店して8か月余り、現在の竹本伸之さんの状態がとても気になります。

アレルゲンに近づかなければ反応はひどくならないと思いますが、一度体調を崩してしまうと完全に回復するまで時間もかかります。

閉店後のいまは、全国の「満留賀(まるか)」の組合員として蕎麦にかかわっているそうです。

 

スポンサーリンク

 

アレルギーは治った?

 

アレルギーは一度発症してしまうと完治というのはかなり稀なことです。

個人的な話ですが、私もとある過敏症で手が荒れてひどい時期がありましたが、環境が変わって手に刺激がないような生活になっても完治というまでは行きません。

そして、体調によって疲れていたり明らかに免疫が下がっているな。と感じる時にはぶり返します。

竹本伸之さんも手の痛みや荒れがひどかった。というのを知って、そのつらさが身に染みて理解できます。

ボタンひとつ掛けるのも痛みが走ります。

起きている間、ずっと脳内に「痛い」という言葉がある生活というのは、想像を絶します。

竹本伸之さんも完治までは行かないと思いますが、少しでも症状が軽くなっているといいな。と思っています。

こういうアレルギーは、アレルギーの元となるものと距離をおいて上手に付き合っていくしかないですね。

 

スポンサーリンク

 

関連コンテンツ

スポンサーリンク

-その他