それってどうなの?

テレビでみたニュースや出来事に思わず突っ込みたくなる

坂本ちゃんは日大合格後は中退!転落極貧生活になっていた!

『進ぬ!電波少年』の企画で6か月缶詰で東大合格を目指していた。

坂本ちゃんの現在が悲惨なことになっていました。

 

 

 

坂本ちゃん

 

本名     坂本 恭章(さかもと やすあき)
生年月日     4月2日
出身地     山梨県甲州市

番組の企画では、東大には合格できなかったものの日大に合格。

7年後に中退したそうです。

 

スポンサーリンク

 

 

当時の活躍ぶり

 

一気にブレイクした坂本ちゃん!

昔はテレビ番組にもひっぱりだこで2001年年間出演本数は114本。

当時は中目黒に住んで月収は最高900万円。

年収は8千万円!

「カミングアウト」という本も出版、坂本ちゃんジュースも出していました。

やはり、『進ぬ!電波少年』に出ていたころはかなりの売れっ子だったんですね。

坂本ちゃんの売れていたころの年収でも8千万円ってすごいですね。

 

スポンサーリンク

 

現在の生活は?

 

今では、風呂なし築45年の4万8千円の空き店舗に住んでいるそうです。

ずいぶんと生活が変わっていますね。

現在の仕事は、新宿ゴールデン街のお店で時給1000円で働いているそうです。

 

一体何に使ってしまったの?

 

食事代に100万円

好きなインテリア 20万円

アイドルグッズをオークションで競り落として 30万円

そんな使いまくりの生活で1か月の生活費は200万円ほどになっていたそうです。

それでも、収入からみるとまだ余裕がありますよね。

他にも散財したものは?

ハワイやパリに旅行で高価なホテル代やお土産などにも使ったそうです。

 

次第に出演が減っていき、お給料が減ってしまって翌年の住民税を分割してもらうことになったそうです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

やっぱり、芸能界のお仕事って波があって大変ですね。

坂本ちゃんは、当時を振り返って中身が伴わなくてトーク番組でもうまく話せなくて仕事がこなくなったと言っていました。

ブレイクした波に乗れないと大変ですね。

ゴールデン街の接客で話術を磨いて、芸能界に華々しく帰り咲く予定なのだそうです。

おねえキャラで再ブレイクするかも?

頑張れ坂本ちゃん!

 

-お笑い
-, ,