それってどうなの?

テレビでみたニュースや出来事に思わず突っ込みたくなる

梶村侑哉の進路は大学?空手界でイケメンと注目!父母や兄弟について!

こんばんは、えりっちです。

今、空手のインターハイで優勝した梶村侑哉(かじむらゆきや)選手がイケメンと注目が集まっています。

最初「侑哉」というお名前は「ゆうや」と読むのかな?と思ったら、「ゆきや」という読みなんですね。

空手の試合って観戦しているだけでも「痛そう...」と思って正視できないとこもあるんですが、イケメンと聞けばチェックしないわけにはいきません。

そこで、梶村侑哉選手について調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

梶村侑哉選手の高校からの進路はどこ?

 

梶村侑哉選手は3歳から空手を始めて、小中学校の時には岡山の秀修館総本部という空手道場に所属していました。

やっぱり、武道をやっている人は小さいころから始めている印象が強いんですね。

稽古も厳しいでしょうし、肉体もさることながら精神的に強くなるんだろうな~と思います。

現在は、高松中央高等学校の3年生。

学校の外観を見るとめちゃくちゃ立派な学校ですよ!

私立高校ということで、この高校に進学を決めたのは空手が強かったというのがポイントだったんでしょうか?

現に、2016年の国体で梶村侑哉選手と決勝戦で戦ったのは同じ高校の崎山優成選手です。

う~ん、お互い戦い抜いて決勝まできて同じ学校の選手と戦うのってやりにくい気持ちのほうが大きいのかな?

複雑な心境ですよね。

今の時点では、すでに進路は決まっていると思うのですが、空手界って大学進学する人が多いのでしょうか?

梶村侑哉選手はすでに2020年の東京オリンピックを見据えているということで、その時は大学生になっているのかな?と空手が強いと言われている大学を調べてみました。

 

関東圏では帝京大学、国士舘大学、日本体育大学などが指導者、選手ともに評判がいいようです。

関西圏では京都産業大学や近畿大学、大阪商業大学などが有名みたいです。

そこで、梶村侑哉選手が進学する可能性のほうが高いのかな?と思って調べてみると、近畿大学工学部入学予定という情報が出ているようです。

あくまで予定なので、4月になってみないと確定ではないのですが、もしかしていまの高松中央高校の先輩も同じ大学へ進んでいるのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

梶村侑哉選手の父母や兄弟について

 

武道は親もやっていて子供が始めることも多いと思うので、お父さんが空手をやっていた。というようなエピソードがあるのかな?と思って調べてみたのですが、こちらは情報が出てきませんでした。

でも仮面ライダー好きだった侑哉少年に空手を習わせてくれたのがお父さんということで我が子の才能を見抜く力があったのかもしれないですね。

お母さんは毎日最寄りの駅まで車で送っているようです。

岡山に実家があって香川の高校に入学と聞いた時に、学校の寮に入っているのかな?と思ったのですが、なんと1時間半かけて岡山から通っているそうです。

空手の練習もあるのに大変なことですね。

家族のバックアップがあってから手に打ち込める環境があるんだな~と思いました。

兄弟の情報として、2歳年下の弟・幹人さんが同じ高松中央高校で空手をやっているそうです。

この弟さんがまたお兄ちゃんにそっくりでイケメン兄弟です!

よく、兄弟で同じ習い事を始めたりしますが、お兄ちゃんの空手着姿にあこがれて弟さんも始めたのかな?なんて思ってしまいました。

もしかして、東京オリンピックでは兄弟で選出されるのもありかもしれませんね。

 

全日本空手道選手権の戦果は?

 

空手の選手権大会の種類を知らなかったのですが、今回、インターハイで優勝した梶村侑哉選手が出場した「全日本空手道選手権」の条件が凄くて驚いてしましました。

予選を勝ち抜いた大学生と社会人が出場する大会ですが、梶村侑哉選手は特別枠で高校生でただひとり出場できたそうです。

年齢的にもかなり不利ですが、でも、特別枠で出場って空手界でもかなり注目されている選手だからお声が掛かったんでしょうね!

この大会、無差別級で大きな選手とも対戦しなくてはいけないそうです。

階級のあるスポーツでそんな大会あるんですね!

これは身長や体重によってかなり不利ですよ!

しかも防具無しで戦うということで、いくら空手は寸止めすると言っても怖いですね。

一日目は県対抗の団体戦と二日目は個人戦。

最初の団体戦の相手は日本代表候補で山梨県の三浦銀太選手。

こちらは見事3-1で勝利しましたが、団体戦での勝ち上がりはなく、二日目の個人戦でまたもや同じ三浦銀太選手との対戦になってしまいました。

相手も昨日の対戦を研究して来ますよね。

さすがに、日本代表候補とまで言われている三浦銀太選手がポイントを重ね0-2で三浦選手の勝利となりました。

でも、全日本空手道選手権では貴重な体験になったようですね!

次の目標はU21日本代表を目指しているそうです。

 

頑張って夢を叶えて欲しいですね!

 

スポンサーリンク

 

 

関連コンテンツ

スポンサーリンク

-スポーツ