それってどうなの?

テレビでみたニュースや出来事に思わず突っ込みたくなる

ベニシアスタンリースミスの前夫や現在の夫と子供や家系が凄かった!

2017/05/27

ハーブ研究家のベニシア・スタンリー・スミスさん。

ハーブって、よくわからなくて既製品のハーブティーを飲むぐらいなんですけど、研究家のかたに聞いたらいろんな利用を教えてくれるんでしょうね。

今日は、日本在住でハーブの研究や英会話学校を経営しているベニシア・スタンリー・スミスさんをテレビでお見かけして、どんなかたなのかな?と調べてみると、波乱万丈の人生を送っていました。

 

スポンサーリンク

 

ベニシア・スタンリー・スミス

 

生年月日 1950年12月27日
年齢 66歳 (2016年現在)
出身 イギリス ロンドン
職業 ハーブ研究家・英会話学校経営
梶山正

 

お子さんは、前夫との間に生まれた長女のサチアさん、、次女のジュリーさん、長男の主慈さんと再婚した梶山さんとの間に生まれた次男の悠仁さん、4人のお子さんがいます。

 

娘さんはご結婚もされてベニシアさんのお孫さんにあたるお子さんも生まれているということで、ご家族がどんどん増えていますね。

そのベニシアさんの家系を調べると、驚きの貴族の家系でした。

日本で「貴族」って聞くだけで未知の世界というか、想像もできないような暮らしですよね。

子供のころまで住んでいた「ケドルストンホール」という建物がまた凄い!

ホワイトハウスよりも総床面積が広そうです...

こんなお宅で育つひとっているんですね。

祖父が子爵ということで、お母さまが子爵の娘として生まれていたんですね。

なんだか、ベニシアさんの育った環境は幼少期に両親の離婚や、お母さまが4度結婚したそうで、10歳からは寄宿舎生活...

あまり落ち着いて家族の団らんを体験した時期が少ないような印象ですね。

海外のセレブは、子供を小さいころから寄宿舎が整っている名門学校に入学させたりしますが、日本人の感覚とは違うのかな?

みんな周りのお子さんも親元を離れているので、あまり寂しさを感じないのでしょうかね?

 

ベニシアさんは19歳から世界各国を訪れるバックパッカーの旅にでます。

これまた、ただの旅行と違って骨太な旅ですね。

それまでの育った環境からは180度違います。

なにか、内に秘める想いがあったんでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

ベニシアさんの前夫は日本人

 

バックパッカーの旅で1971年に日本に来て、その3年後に日本人と結婚します。

ベニシアさんが24歳の頃ですね。

海外で出会った男性と結婚するってどんな感じなのかな?と思いますが、文化の違う国での新婚生活や、その後、子供を授かって子育てをしていくのは大変だったと思います。

でも、その異国の地での生活の大変さは当時の旦那さんにはわかってもらえなかったそうで...

結果として旦那さんの浮気という形で、結婚生活は終わったそうです。

誠実な日本男性もいるんですけどね...(^-^;

すでに3人のお子さんがいたベニシアさんは、英会話学校を経営して収入があったとはいえ不安も大きかったのではないでしょうか?

いろいろな面で苦労があったと思います。

 

 

ベニシアさんが再婚した夫と子供

 

1992年に写真家の梶山正さんと再婚して、その後に次男が生まれています。

その後は京都大原の古民家に移り住んで庭にはたくさんのハーブが植えられて暮らしているそうです。

梶山さんと出会ったきっかけは旦那さんが経営していたインド料理のお店にベニシアさんがお客さんで来ていたことだそうで、旦那さんもお料理が得意なんですね。

元々、山岳写真家として活躍していたご主人ですが、最近では奥様の書籍の写真も撮ったりするそうです。

まさに夫唱婦随の生活ですね。

次女が産後うつのあとに統合失調症を発症したということを告白しています。

改めて病気の様子を知ると、そばにいるご家族もフォローしながら生活するというのは大変なんだな...と感じます。

そんな環境でも常に前向きで肩に力を入れない生き方をしているベニシアさんの生き方に勇気をもらえます。

 

スポンサーリンク

 

 

関連コンテンツ

スポンサーリンク

-著名人
-