それってどうなの?

テレビでみたニュースや出来事に思わず突っ込みたくなる

多岐川華子の現在は?激太りバイト時代を乗り越え!改名で運気アップ?

2016/12/22

女優でタレントの多岐川華子さん、お母さんは女優の多岐川裕美さんで今多い2世タレントさんですが、2世さんと言っても全員が売れっ子で親の七光りの恩恵を受けているわけではないのですね。

そんな多岐川華子さんの過去と現在について調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

多岐川華子(現在:華子に改名)

たきがわはなこ

本名 :大内華子
生年月日 :1988年9月16日
年齢 :28歳 (2016年現在)
出身 :神奈川県
血液型 :A型
母:多岐川裕美
父:阿知波伸介
堀越学園卒業

トライストーン・エンタテインメント所属

 

激太りの原因やアルバイト

 

先日、バラエティ番組「しくじり先生」に出演されていましたね。

そのとき「久しぶりに見た」という印象でした。

記憶をたどってみると、離婚騒動のあたりでぷっつりとテレビ出演の印象が切れてる...

まぁ、芸能人のかたはテレビに出演していなくても雑誌で仕事を多くしていた。とか舞台の仕事を中心にしていた。とかパッと見では判りづらいところでキッチリ仕事をしているかたも多いです。

多岐川華子さんもそんな感じで仕事をしていたのかな?と思ったのですが...

実質仕事をしてない状態だったようすね。(^-^;

その間は、何をしていたのかというと不動産関係の会社でデータ入力の地道なアルバイト生活だったようです。

芸能界とはぜんぜんかけ離れた普通のOLさんで何か考えることもあったようです。

ランチは近くの中華料理店で380円のチャーハンとスープがお気に入りということで、以前は平気で8000円のランチなどを食べていたそうです。

現在でも週に3日から5日アルバイトは続けているそうです。

時給は1150円。

ラッシュアワーで電車出勤する体験はこれからも人生の糧になるでしょうね。

アルバイトを始めて芸能の仕事をするときにもスタッフさんへの感謝の気持ちを持てるようになったとか...

やっぱり何事も実体験するというのが大事ですよね。

 

それもそのはず、小さいころからずいぶんと裕福に何不自由ない生活をしていた華子さん。

大人になってからは2世タレントとして芸能界入りですものね。

でもちょっとした不遇は、お母さんに内緒でオーディションを数多く受けてすべて落ちたそうです。(^-^;

その頃は10代?

たぶん、若い頃も可愛いタイプだったと思うのですがなぜ受からなかったんでしょう?

結局は、お母さんの口利きで芸能事務所に入れたそうですが、親が芸能人でもなく、芸能関係者でもなく...

そんなコネのない人が芸能界入りするのっていかに大変なことなのか?って改めて感じますね。

そんなひとから見ると、華子さんはかなり恵まれた環境だったということですね。

 

スポンサーリンク

 

テレビ出演が減ったころには、体重が10kも増えてしまったとか!

原因としては仕事も減って引きこもった生活だったようで...

ストレスもあったんでしょうけどね。

以前、林修先生が言っていましたけど「ストレス太りって言いますが、ストレスはゼロカロリーです!」って。

言われてみるとそうですよね。

でも、世間ではよくストレス太りって言います!w

ストレスから食に走ってしまう人が太るんでしょうね。

その時のことで今でも「多岐川華子 激太り」という言葉で検索されることが多いみたいです。

10kってね...かなり容姿が違って見えますよね。

今ではすっかり体重は戻ったようですが...

どんなダイエットで体重を落としたのか気になって調べてみました!

華子さんは、まずは食事は和食を中心に「腹七分目」を心掛けて間食はNG!

どうしても食べたくなった時には栄養補助ゼリーや白湯などでしのいだそうです。

そして、適度な運動!

あのカーヴィーダンスのDVDを参考に運動を取り入れていたそうです。

う~ん、やっぱり食事は肝ですよね。

プラス運動も必要か...

頑張ろう~っと!

 

バツイチの結婚相手は誰?

 

華子さんは結婚歴があります。

お相手のは同じ2世タレントの仁科克基さん。

こちらもお父さんは松方弘樹さん、お母さんは仁科亜季子さん。

華々しい芸能家系ですよね。

当時は大物芸能人の2世同士の結婚と大きく扱われましたが、仁科克基さんの女性関係が原因でわずか1年ほどで離婚となりました。

誰でも期間を置かずして離婚したりしますが、ここは親の知名度もあると余計に扱われてしまいますよね。

実際に、華子さんも離婚後のバラエティ番組などは触れて欲しくなくて仕事が減って行ってしまったそうです。

 

多岐川華子から華子へ改名

 

干されるような形になった華子さんですが、アルバイトも経験してもう一度芸能界でやっていく決心をしたそうです。

やはり、お母さんからの叱責もあったみたいですね。

本当なら2世タレントは恵まれている環境ですからね。

そこからしっかりと実力をつけて自分の力で生き残っていけるように...

その心機一転もこめて名前も「華子」に改名したそうです。

芸能人のひとは「芸名」を考えるときにいろいろと運気など気にしますよね。

華子さんは本名に戻ったわけですが、これで立ち返って運気があがるといいですね!

なんだか華子さん表情をみるととても自然体な感じの美しさになっていますね。

もちろん、以前もお綺麗だったんですけどね。

なんだろ...角が取れた感じでとても輝いています!

 

これから活躍していってほしいですね。

 

スポンサーリンク

関連コンテンツ

スポンサーリンク

-タレント
-, ,