それってどうなの?

テレビでみたニュースや出来事に思わず突っ込みたくなる

温かくて溶けないソフトクリーム(ホットクリーム)はどこで食べられる?

こんばんは~

月曜の夜は「月曜から夜ふかし」を見ています。

本当は月曜から夜ふかししている場合じゃないんですけどね...

ついつい面白くて見てしまいます。

今日は驚きの熱いソフトクリームを紹介していたので、「一体、これはなんぞや?」と夜中に調べちゃいましたよ。

開発したのは石川県金沢にある「日本海藻食品研究所」

なにやら物々しいところですね。

それでは「温かいソフトクリーム」の正体に迫りたいと思います。

 


スポンサーリンク

 

温かいソフトクリームとは?

 

見た目は普通のソフトクリームです。

これが40分経ってもぜんぜん溶けださないというから驚きですよね。

通常なら手に取って1分もしないでたれてきますよね。

しかも「温かい」ってなに?でしょう?

「月曜から夜ふかし」では、作りたてのソフトクリームの温度を測ったら69度ありました。

ちなみにおでんの熱々の大根は71度ですって...(^-^;

ほぼおでんの大根と同じ?

これってふーふーしないと食べられないぐらいの温度ですよね。

 


スポンサーリンク

 

なぜソフトクリームが温かいの?

 

怪しい添加物でも入っているのか?と思ったのですが、そういった添加物は一切使用していないそうです。

米粉とおからのペーストを使って独自の製法で作っているそうなんですが、もちろん特許をとってあるそうですが、いくら「独自」って言われてもね...

どんな研究したらソフトクリームを温かくできるんででしょうね?

最初から温かいわけではなく、作ったソフトクリームをレンジで加熱できるということですから、そこから「温かいソフトクリーム」と言われているみたいです。

なので、製造したものを冷やせば溶けにくいソフトクリームになるんですね。

時間が経つとババロアのような食感になるそうですが、作り立てだと通常のソフトクリームと変わらない食感なんでしょうか?

ちょっとどんな感じなのか食べてみたいですね♪

番組では特別に油で揚げていました...

油を張ったフライヤーでソフトクリーム揚げているビジュアルは違和感ありありでしたが...(^-^;

揚げたて(?)のソフトクリームは形も崩れていませんでした。

もうすでにソフトクリームじゃないですね。(^-^;

 


スポンサーリンク

 

温かいソフトクリームを販売している店舗

 

日本海藻食品研究所で運営しているお店で食べられるそうですよ。

場所は金沢なので遠いな~(^-^;

お近くの方や金沢観光にいかれたかはぜひ試食してみてください。

 

Healthy Lab(へるしぃらぼ)

住所 石川県金沢市本江町10番38号
営業時間 9:00~17:30
定休日 土曜・日曜日

 

日本海藻食品研究所では取り扱い加盟店を募集しているそうです。

全国で扱うお店が増えるといいですね。

 

関連コンテンツ

スポンサーリンク

-バラエティ
-