それってどうなの?

テレビでみたニュースや出来事に思わず突っ込みたくなる

山川豊が結婚した嫁は誰?子供はいる?現在は病気というのが気になる!

2016/12/19

演歌歌手の山川豊さん。

ふと、ご結婚されていたかな?と気になってしまい、気になると調べてみよう!と奥さんや子供などの家族について、またお兄さんである鳥羽一郎さんとの関係も!

そして、気になる病気について調べてみました。

 

山川豊

やまかわゆたか

本名     木村 春次
生誕     1958年10月15日
年齢 58歳 (2016年現在)
出身地     三重県鳥羽市
南伊勢総合高等職業訓練校卒業
ジャンル 演歌
職業     演歌歌手

本名は「春次」さんだったんですね。

なんだかピンときません。

やっぱり「豊」さんのほうがしっくり来ますね。

芸能人のかたは芸名を長く使っているうちに本名がしっくりこなくなる。なんてことあるんでしょうか?

お父さんは漁師、お母さんは海女をしている家庭に育ったそうです。

高校時代はやんちゃだったようで、真珠のピアスをしていたそうです。

今でこそ10代でピアスをしている人はいますが、山川さんの年齢でピアスってね~

驚きです!

そのころから学校の寮のお風呂場で「演歌ショー」をしていたそうです!w

社会人になってから名古屋のカラオケ大会でスカウトされたということで、お風呂場での「演歌ショー」で腕を磨いていただけありましたね!

 

スポンサーリンク

 

山川豊さんが結婚した嫁は?

 

今まで奥さんの情報を聞いたことないかも?

もしかして独身?と思って調べたところ、既婚のようですね。

お相手が芸能人や他業種でも著名人などだったらもっと話題に出ていると思うんですよね。

特に情報がないということは、一般人女性と結婚したようです。

出会ったきっかけは当時、すでに芸能活動をしていた山川さんが千葉の御宿に行ったときにナンパ(?)したそうで..

その時の奥様の年齢は高校生だったそうです!

今だったら未成年なんちゃらになってしまいますね。(^-^;

1992年にご結婚したあとは専業主婦で陰ながら山川さんを支えてきたのでしょうね!

 

お子さんはいる?

 

お子さんは娘さんと息子さんがいるようです。

その娘さんも現在は大学生か社会人になった年頃のようですね。

すでに成人式は終えています。

その娘さんが自宅に彼氏を連れてきたことがあるそうです。

なんとも父親の立場でいうと気まずいんでしょうね...(^-^;

娘さんは、子供のころのお父さんとの想いでは、地方公演に一緒に行ってその土地の美味しいものを食べられたのがお父さんが歌手で良かったな~と思っていたそうです。

芸能人のかたは月のうちに家にいる日にちも少ないでしょうし、お子さんがいると意識して時間を作らないと大変ですね。

息子さんのほうはかなりのイケメンで、現在は18歳ということで高校三年生ですね。

芸能界へは入らないのかな?

お父さんのDNAを引き継いで歌が上手いのではないか?と思いますね。

 

スポンサーリンク

 

山川豊さんの現在は?病気なの?

 

山川豊さんのお名前を調べてみると「山川豊 病気」という言葉が出てきました。

もしかして、何か病気という報道があったのでしょうか?

私の記憶では、そういうニュースを聞いた覚えがなかったのでびっくりです。

そこで調べてみたのですが山川豊さんのお母さんが介護が必要な状況だというニュースが流れたことがあるようです。

山川さんのお母さんの世代だとかなり高齢ですよね。

介護問題も出てきてもおかしくないころだと思います。

そういったことで話が省略されてしまって「山川豊 病気」などということになったのかな?と思います。

もちろん、ご本人も還暦を目前にして「体調はどうなんだろうか?持病はないのか?」と周囲の人の心配の声もあるのかもしれないですね。

また他の理由は、山川豊さんのお兄さんは演歌歌手の鳥羽一郎さんですが、こちらの鳥羽一郎さんもネットの質問掲示板に「病気で亡くなった」などという間違った情報が掲載されています。

鳥羽一郎さんもお元気で存命です。

そういった誤情報がごっちゃになって山川豊さんが病気ということになっているのかもしれませんね。

いろんな情報がたくさんありますが、最後まで確認してみたり、それこそ医療でいうセカンドオピニオンみたく複数の情報から判断したほいうがいいですね。

私も思い込みをしてしまったり、勘違いすることも多いのですが落ち着いて確認しなければだめだな。と実感しました。

山川豊さんが「函館本線」で新人賞をとったときには、当時まだデビューしていなかったお兄さんの鳥羽一郎さんが受賞のステージに駆け上がって山川さんと抱き合ったという驚きのエピソードがあるそうです。

お兄さんも嬉しかったんでしょうね。

同じ演歌の世界で歌手になるなんて珍しいパターンかもしれませんね。

お二人とも歌が上手いのでなるべくしてなったという感じでしょうか。

いつまでも元気な歌声を届けてほしいですね。

 

スポンサーリンク

関連コンテンツ

スポンサーリンク

-アーティスト
-,