それってどうなの?

テレビでみたニュースや出来事に思わず突っ込みたくなる

古村比呂はがんを乗り越えリンパ浮腫と闘っていた!闘病しながら女優業

 

女優の古村比呂さんは、布施博さんとの離婚後子宮頸がんになったりして健康がすぐれなかったようですね。

がんを克服してからもリンパ浮腫になって足がむくんでしまっているようです。

最近のお身体の様子や、仕事について調べてみました。

 

 

古村比呂

誕生日     11月24日
出生地     北海道江別市
身長     160 cm
血液型     O型
職業     女優

 

スポンサーリンク

 

子宮頚がん・リンパ浮腫

2012年3月 子宮頸がん「1−b−1期」「広汎子宮全摘出術」を受ける。

<子宮頸がん>

子宮下部の管状の部分にできるがん細胞

2013年5月 左足に「下肢リンパ浮腫」を発症。

<下肢リンパ浮腫>

リンパ管でリンパの流れが滞りむくみが出る状態。

古村さんの場合は長期のフライトで発症したということなのです。

左足が右足と比べて明らかに浮腫んでいます。

病名までつかなくても、座りっぱなしで一時的に足が浮腫むということはよくあります。

「ICG・蛍光観察カメラ検査」 を受けて経過観察していたようですが、5月27日放送の「爆報!THEフライデー」で下肢リンパ浮腫の手術をうける様子が放送されるようです。

手術が成功されて完治することを祈っています。

 

スポンサーリンク

 

元旦那・布施博との修羅場離婚を乗り越えて

 

1992年、俳優の布施博さんと結婚後に三人の男の子を授かりましたが、2009年4月に離婚が成立しています。

ご夫婦のことですから、いろんな原因があったのでしょうけど、当時、布施さんが不倫をしていた相手は現在の奥様ということで、古村さんの心痛が伺えます。

離婚後は古村さんが三人お子さんの親権も獲得でき、親子4人で頑張って生きていこうと思った矢先の病魔はずいぶんと辛かったと思います。

 

まとめ

古村比呂さんの人生を見ていると、神様はどうして何度も試練を与えるのだろう?と思ってしまいます。

そんな闘病しながらも女優業もしっかりとこなし、ガン患者のかたを支援するサイトを主催したりしています。

そんな強い生き方をみているとこちらが励まされますね。

病気を克服してこれからも輝き続けてほしいです。

 

スポンサーリンク

 

-女優
-, , ,