それってどうなの?

テレビでみたニュースや出来事に思わず突っ込みたくなる

イルカはパーキンソン病の夫を介護していた!子供や孫について調査!

歌手のイルカさんの夫・神部和夫さんが病気で亡くなったのはもう9年前になるんですね。

今週の「爆報!THE フライデー」でイルカさんが旦那さんの病気の介護生活を20年間していたことに密着するようです。

「なごり雪」も流れるのでしょうか?

あの歌...好きなんです...

 

ご主人が亡くなった時に、「病気で...」というのは聞いた記憶があったのですが、病名はパーキンソン病だったようで介護するご家族も大変な日々だったでしょうね。

そんなイルカさんのご家族について調べてみました。

 


スポンサーリンク

 

イルカ

本名  神部としえ(旧姓:保坂としえ)

生年月日 1950年12月3日
年齢 65歳 (2016年11月現在)
出身地     東京都中野区
学歴     女子美術大学卒業
ジャンル     フォーク
職業     フォークシンガー、絵本作家

 

神部和夫

1969年にフォークソンググループ「シューリークス」を結成。

同年に 「君よ!人生は」 でデビュー。

1970年に「さらば」がヒット、その後に保坂としえ(イルカ)がグループに加入することになり、のちに二人が結婚して、保坂としえさんが「イルカ」としてソロで活動することになったそうです。

この神部和夫さんが結成したグループが、お二人の出会いのきっかけになったんですね。

奥様のイルカさんがソロで活動するようになってから神部さんは、音楽プロデューサーとして仕事をし、イルカさんのマネージャーもやっていたそうです。

まさに夫唱婦随ですよね。

 


スポンサーリンク

 

そんな二人三脚に影を落としたのが、旦那さんが罹った難病・パーキンソン病です。

30代ごろに発症したんですね。

働き盛りにこんな病気になるなんて...ショックは計り知れないですね。

パーキンソン病とは、脳内の黒質ドパミン神経細胞が減少することで発症すると言われています。

有症率は1000人にひとりというので、結構身近な病気という数ですね。

年齢があがるほど発症率はあがり、50代以上が多いそうです。

神部さんが罹ったのは若年性パーキンソン病なんですね。

だんだんと筋肉の弛緩で一人で動くのが難しくなってきます。

ご自身も自分の身体の自由が利かないもどかしさや、周りで介護する家族も大変な病気です。

 

イルカさんの一人息子・神部冬馬さん

 

神部和夫さんとイルカさんの間には、一人息子の冬馬さんがいます。

現在は、お母さんと同じシンガーソングライターとして活動しています。

芸能界は2世さんが多いですけど、親が歌手をやっているとお子さんも同じ道に進むことが多いような気もしますね。

冬馬さんのプライベートでは、最初の結婚の時に娘さんを授かっています。

結婚生活は解消してしまいましたが、娘さんを引き取って現在では、一般人の女性と再婚しています。

今の奥様も子連れの男性と結婚するのを決断するのは、簡単ではなかったかもしれないですね。

 

イルカさんは孫がいる?

 

一人息子さんの冬馬さんに授かった孫娘さんがいます。

イルカさんって、見た目が若々しいので「おばあちゃん」のイメージがぜんぜんないですね。(^-^;

冬馬さんが再婚されてお子さんが出来た。というお話はないみたいですが...

お孫さんの人数は増えてないのでしょうか?

イルカさんは嫁姑の問題もなさそうな感じです。

息子の冬馬さんも顔立ちが似ていて、にこやかなご家庭なのかな?と思います。

これからも変わらぬあの歌声で「なごり雪」を歌い続けてほしいです。

 


スポンサーリンク

-アーティスト
-,