それってどうなの?

テレビでみたニュースや出来事に思わず突っ込みたくなる

久世良三(くぜりょうぞう)の家族や経歴!年収や店舗の規模が気になる!

久世良三さんは今主婦に人気の サンクゼールの経営者です。

以前、テレビでお店を取材していましたが、ジャムの種類がとても多くて他では見かけないような種類のジャムがありました。

最近では、いちじくとかさつまいも、モンブランなんてあるんですね。

今度取り寄せてみようと思います。

そんな独自の経営展開をしている久世良三さんが「カンブリア宮殿」に登場します。

番組を観る前に、久世良三さんのプロフィールに興味を持ったので調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

久世良三

くぜりょうぞう

1950年生まれ
年齢 66歳
出身 東京都
最終学歴 慶応義塾大学経済学部卒業

職歴

大手スーパーの食料品売り場を1年担当
実家の外食産業専門商社の営業を3年担当

なんとお父様も社長さんだったんですね。

でも就職してからはお客様からのクレームを聞いたりと一社員としての苦労もあったようです。

営業では当時増えてきていた白馬や志賀高原のホテルやペンショなどへの開拓をするために足を運んでいたそうです。

そのころからペンション形式の宿泊業があったんですね。

もう少し後かと思っていました。

 

そんな自然に囲まれたところで営業をするうちに、ペンション経営をしたい。という夢が出てきてお父様を説得してペンション経営を始めます。

お父様も商社の跡取り...と考えていたのではないでしょうか?

まさか息子がペンション経営を言い出すとは思っていなかったかもしれないですね。

開業前は日本橋の洋食店でコック見習いを半年したそうです。

やはりペンションは経営者が料理を作りますからね。

調理師としての腕も必要ですね。

スポンサーリンク

二人三脚!奥様のまゆみさんと歩んできた経営

 

ペンション経営を始めて2日した時に運命の女性と出会います。

のちに奥様となるまゆみさんです。

2日目ですよ!

もう2時間ドラマの展開ぐらいで人生が進んでいきますよね。(^-^;

でもこのまゆみさんとの出会いが現在の「サンクゼール」の礎となります。

結婚したお二人にはお子さんも出来たそうですが、ペンション経営の過酷さでまゆみさんが実家に帰ってしまう...という事態に!

私の知り合いにもペンション経営をしている人がいますが、繁忙期はかなり大変みたいです。

家族経営だけだと身体を壊してしまいますね。

素敵な風景に囲まれて追われるように仕事をこなしていくのは余計に堪えそうです。(^-^;

 

ペンションを辞めてからいろいろな仕事をしてきて軌道に乗らず...

そんなときにまゆみさんが農家から分けてもらった果物で甘さ控えめの手作りジャムを作って販売することになったそうです。

そのジャムが今でも「 サンクゼール 」で引き継がれている看板商品です。

そんな苦しい時代に生まれた商品で会社を大きくしてきたのは脱帽ですね。

 

年収はどれぐらい?

 

久世良三さんは「サンクゼール 」以外にもワイナリー、レストランなどの経営もしています。

このグループ全体の社長ですから、年収はかなりの額になるのではないでしょうか?

億単位の年収にはなっているのではないかな?と想像しています。

そして、奥様のまゆみさんも会社の役員をやっているのではないかな?と思います。

元々のジャムの製造責任者ですからね。

ご夫婦合わせての年収はかなり...だと思います。

でも、それだけ心血注いできた事業とも言えますね。

スポンサーリンク

サンクゼールの店舗やお取り寄せ通販

 

全国64店舗を展開。

現在、そこに加えて、久世福商店 つかしん店/サンクゼール・久世福商店 /イオンモール大和郡山店/久世福商店 モラージュ菖蒲店/ サンクゼール・久世福商店 心斎橋オーパ店/サンクゼール あべのハルカス店が出店されました。

この様子だと年々増えそうですね。

もし、近くに直営店がないという方はオンラインショップもあります。

楽天などにも出店しているので気になる商品を取り寄せてみてはいかがでしょうか?

ジャムと調味料のセットなどはいろいろ試せそうです。

-著名人
-, , ,