それってどうなの?

テレビでみたニュースや出来事に思わず突っ込みたくなる

「君に捧げるエンブレム」のあらすじとモデルになった京谷和幸とは?

櫻井翔さんが主演される新春ドラマ「君に捧げるエンブレム」が発表になりました。

もうお正月のドラマの話しなんですね。

こちらの作品には原作になっている元Jリーガーの京谷和幸さんの話しだそうです。

お話しのあらすじと京谷和幸さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

「君に捧げるエンブレム」のあらすじ

鷹匠和也(たかじょうかずや)さんは天才サッカー選手と言われてJリーグに入団します。

サッカーで活躍するとともに恋人との結婚も決まり、結婚式目前で交通事故により脊髄損傷で車いす生活となります。

スター選手から身障者となった鷹匠和也さんを支えようと決めた恋人と結婚します。

目標を見失った鷹匠さんが車いすバスケットの魅力にひかれてパラリンピックに出場することを目指します。

 

車椅子バスケのJリーガー―4度目のパラリンピック日本代表選手を目指して

本も出版されているんですね。

スポンサーリンク

京谷和幸

きょうやかずゆき

生年月日 1971年8月13日
現年齢 45歳 (2016年現在)
出身 北海道室蘭市

 

室蘭大谷高校出身

高校三年生の時にはバルセロナオリンピックでサッカーの代表候補になる。

古河電気工業サッカー部→ジェフユナイテッド市原

1993年に交通事故で脊髄損傷で車いす生活となる。

 

誰でもJリーガーになれるわけではないですよね。

才能も努力も必要ですが、夢を叶えてこれからというときに、サッカー選手の命ともいえる足を奪ってしまうなんて...

神様ってなんて意地悪なんだろう。と考えてしまいました。

やはり、京谷さんは身体を動かすのが好きなんですね。

車いすでも出来るバスケットと巡り合えて本当に良かったと思います。

それには、奥様の陽子さんの支えも大きかったと思います。

京谷さんは車いすバスケット漫画の「リアル」のモデルにもなったそうです。

自分の生き方は自分で切り開く。

そんな言葉がぴったりな生き方だな。と感じました。

今回は新春ドラマの原作として選ばれたということで、櫻井翔さんが演じる鷹匠和也さんも楽しみにしたいと思います。

スポンサーリンク

-スポーツ, ドラマ
-,