それってどうなの?

テレビでみたニュースや出来事に思わず突っ込みたくなる

吉川プリアンカは象使いもできる通訳!家族の国籍はどこ?

ミス・ワールド2016の日本代表に選ばれた吉川プリアンカさん。

もちろん、ミスに選ばれたので美人でスタイルがいいですね。

仕事やプライベートが凄そうなので調べてみました。


スポンサーリンク

吉川プリアンカ

生年月日 1994年1月20日
現年齢 22歳 (2016年現在)

出身 東京都

身長 176㎝
B80/W62/H90

父 インド人
母 日本人

英語とベンガル語

インドと日本のハーフなんですね。

エキゾチックな顔立ちが魅力ですね。

9歳の時に1年間インドに住んでいたそうです。

特技に象使いとあるのが凄いですね。

インド住まいの時に習得したんでしょうか?

象使いってざっくりいうと、象に乗るための免許なんだそうです。

日本人ではピンとこない免許ですね。


スポンサーリンク

仕事は通訳とモデル

子供のころから海外で過ごすことも多かったという吉川プリアンカさん。

英語はもちろん、ベンガル語も話せるそうです。

ベンガル語って初めて聞くような言語ですが、インドのベンガル州近辺で使われる言葉だそうです。

お父さんの出身が、そのあたりなのかもしれませんね。

仕事は通訳ということですが、英語のほうが需要があるのでしょうか?

でも、ベンガル語が出来る通訳のかたも重宝されそうです。

 

通訳の仕事とモデルもやっているそうです。

やはりモデルとしての仕事もありますよね。

どちらかの芸能事務所に所属してモデルをやっているのかな?と思ったら所属はしていないみたいです。

やはり、ミス・ワールドに出るということは、これからの仕事はモデルをメインにやっていくのでしょうか?

ちょっと日本のモデルさんにはいないタイプのかたなので人気が出そうですね。


スポンサーリンク

-モデル
-,