それってどうなの?

テレビでみたニュースや出来事に思わず突っ込みたくなる

新井淑則(ヨシノリ)は現在も中学教師?網膜剥離の原因はなに?

2016/08/28

24時間テレビで「盲目のヨシノリ先生〜光を失って心が見えた〜」の原作となった先生。

新井淑則(あらいよしのり)先生について調べてみました。

ドラマが始まる前に急きょ高畑裕太容疑者の代役に小山慶一郎さんが決定して撮りなおすという別の意味で注目を集めてしまいました。

 

新井淑則

あらいよしのり

1961年生まれ
出身 埼玉県
最終学歴 中央大学
23歳 東秩父中学校で国語教師として教師人生をスタート

28歳 右目が網膜剥離発症失明
34歳 左目も網膜剥離発症失明

右目を発症したころには結婚して長女が生まれたタイミングだということです。

片方だけでも失明はショックですよね。

手術など治療を尽くしたそうですが光が失われてしました。

左目が網膜剥離になった時には、長男も生まれお子さんが二人になって父親としての責任も重くなってきたところだったんですね。

発症後に6回も手術しても結果として失明となり、新井先生は全盲になったそうです。

それまで見えていたものが見えなくなるというのはかなりのストレスですよね。

新井先生もこの時期は、かなり荒れて精神的に追い詰められていたということです。

スポンサーリンク

現在はどうしてるの?

 

全盲になったことで教師の職を失ってしまった新井淑則(あらいよしのり)さん。

最初は引きこもっていましたが、奥さんの真弓さんの勧めで 国立身体障害者リハビリテーションセンター でリハビリを始めたそうです。

目が見えないというのは、生活の一から十まで大変ですよね。

そうやって外に出るようになってようやく、気持ちが前向きなったそうです。

そのリハビリの甲斐もあって2008年国語教師として普通中学校に復職。

2014年には、クラス担任を持つまでになりました。

「世界一受けたい授業」に出演されて最新の授業風景をやっていましたが、黒板に書くときには定規をあてて書き、各生徒の机の裏には点字で打った生徒の名前をテープで貼り付けていました。

また、生徒さんには自己紹介をレコーダーに録音してもらい、最後にオンリーワンを言ってもらうそうです。

自分はこんなオンリーワンがあります。と言ってもらうのは、凄く素敵なことだな。と思いました。

そうすることで、生徒さんひとりひとりについての印象を把握するそうです。

そんな指導を観ていて、たとえ目が見えなくても生徒さんにしっかりと向き合っている先生なんだと感動しました。

新井先生は、障がいがあっても「特別」にテレビに取り上げられないそんな社会になって欲しいとも言っていました。

そうですよね、健常者も障がい者も分け隔てなくいろんな職業に就ける。

なにも特別じゃない。そんなふうになればいいですね。

スポンサーリンク

成人して網膜剥離になった原因はなに?

 

一般的には、強い外傷などで網膜が剥離することがあります。

よく、ボクサーが試合後に網膜剥離になったというのは聞きますよね。

中には、剥がれたとしても手術で完治もします。

新井先生が網膜剥離になった原因は強度の近視だったみたいですが、加齢による発症という例もあるようです。

新井先生は、定年まであと5~6年ありますね。

きっと生徒たちには心に残る教育が出来るのではないでしょうか。

関連記事

【24時間テレビ】羽生結弦の出演する時間はいつ?どこのスケート場?

林家たい平のマラソン距離決定!スタート地点はどこ?ギャラも気になる!

林家こん平が多発性硬化症の後遺症を乗り越え!たい平のスターターに!

高田千明さんは裕士さんと一緒にパラリンピックを目指す全盲アスリート!

スポンサーリンク

-著名人
-, ,