それってどうなの?

テレビでみたニュースや出来事に思わず突っ込みたくなる

ゆる体操(趙昌幸)で疲労回復や血流アップ!長友も実践!

「主治医が見つかる診療所」でゆる体操が紹介されます。

夏の疲労が溜まりやすい時期、血流や代謝をアップするゆる体操とは?

高岡英夫氏が提唱する体操を趙昌幸インストラクターが紹介してくれます。

スポンサーリンク

現代人の不調のもと

 

肩こりなどに代表される身体のコリ。

普段生活しているとついつい身体に力が入っているときがあります。

そんな毎日の積み重ねで、いつの間にか凝り固まったりして新陳代謝が悪くなったりしているときがあります。

ゆる体操は、力を抜いた脱力体操で代謝を良くして不調を取り除くというやり方です。

そういわれてみると、思わず手に力が入ったり、歯をかみしめていたり、そんなことをやっているとストレスや疲労も溜まってしまいますよね。

「体操」と言われると頑張ってやらないといけないイメージですが、力を抜くことを頑張る(?)体操というのもあるんですね。

スポンサーリンク

ゆる体操とは?

 

「日本ゆる協会」というNPO法人で提唱している体操です。

理事長の高岡英夫氏はゆる体操の基本となる「センター 体軸 正中線」という書籍も出版しています。

こちらの本は、長友選手も参考にして体操をやっているみたいです。

ゆる体操の協会では、体操指導員の認定をやっていて階級があり、番組に出演した 趙昌幸インストラクターはゆる体操正指導員中級2ndGradeの認定です。

また、奈良県のこたけ整形外科の院長・ 小竹志郎医師(ゆる体操正指導員初級)は治療にゆる体操を取り入れています。

スポンサーリンク

ゆる体操のやりかた

内臓疲労を回復する体操とは?

全身の固まっている筋肉をゆるめる体操、内臓もゆるくすることが出来る。

固まりやすい内臓をゆる体操で動かすことができるそうです。

100種類以上もあるそうです。

今回は内臓の回復をするのに効果的なゆる体操

 

お腹ペコポコペコー体操

1 椅子に座り大きく息を吸う

2 ペコ~と声を出しながらお腹をへこませる

(息は全部はかない)

3 ポコ~と言いながら(息をはく)お腹を膨らませる

4 ペコ~と声を出しながらお腹をへこませる

これを繰り返し、息をすべて吐き出す

最後のおなかをへこませるときは手でおなかをポンポンさするように出し切る

※息を吐ききるまでを1セットとして、1日3セット程度やる

-情報
-, , ,