それってどうなの?

テレビでみたニュースや出来事に思わず突っ込みたくなる

風間俊介さんのディズニー愛が凄すぎる!コアな情報ばかり!

 

芸能界の中でもディズニー通と知られる風間俊介さん。

いつもディズニーランドロケの時にうれしそうですよね。

先日は、初めて行ったフロリダのディズニーランドで宿泊して

数日をかけて楽しみ、ビデオを回しっぱなしで何十時間も撮影して

帰国後編集したら4時間あまりの超大作になったそうです。

どんなビデオになったのか見てみたいですね。

 

歴代の年間パスポートも写真を見ると子供時代からで

本当に好きでいままで通ってきたんだな。と思います。

 

ウエスタンリバー鉄道

おすすめポイント

アドベンチャーランドの森林を抜けた先にある

スティルウォーター・ジャンクション(今は使われていない駅)

給水塔の水が少しもれている。

東京ディズニーランド内に「ポカホンタス」のポスターが二枚あって

1枚目

ウエスタンランドにある歯医者の建物の壁

2枚目

スティルウォーター・ジャンクションの駅舎の

横にある物置の中の壁にあります。

キャストの人も知らない情報を知ってる風間さん、さすがです!

 

クリッターカントリーからウエスタンランドに入り

ウエスタンリバー鉄道からしか見れない

ビックサンダーマウンテンの裏側の景色も風間さんおすすめポイント。

スポンサーリンク

 

このミッキーに出会えたらかなりラッキー

 

ディスニーリゾートラインのベイサイド・ステーションから

見える駐車場に赤いコーンを使って出来上がったミッキー

パーキングロットキャストが空いている駐車場に作るのだそうです。

これもお仕事のひとつということですが、コーンアートと言われるもの。

駐車場に車がないときにしかできないので、年間に何回もできない

そうですよ。

見れたらかなりラッキー♪だそうです。

約750個のコーンを使って作り上げる巨大ミッキーフェイスです。

3名で2時間かかって作るそうです。

下書きなしで写真を見ながら作るそうですが、かなりの技術が

必要です。

 

巨大駐車場あるある

 

帰りに車の停車位置がわからなくなったら、駐車券を

キャストに見せると入場時間でだいたいの位置がわかるそうです。

わからなくなってしまった時には、キャストさんに聞いてみてくださいね。

 

立体駐車場にもニクイ演出がされています。

階ごとにミッキーの絵が描いてあり、1階からミッキーの

出演映画作品順になっているそうです。

1階 蒸気船ウィリー (1928年)

2階 ミッキーの大演奏会 (1935年)

3階 ファンタジア (1940年)

4階 ミッキーのクリスマスキャロル (1983年)

 

スポンサーリンク

 

ちなみに風間さんは駐車場の区画は「ドナルド」が好きで

エントランスに近くてすぐに夢の国に入っていけるからだそうです。

駐車場の区画にまでディズニー愛があるんですね。

 

いつもディズニーロケの時の風間さんがとてもニコニコしていて

見ているだけでこちらも幸せな気持ちになりますね。

これからもいろんなディズニー特集に出てほしいです。

 

-俳優
-,