それってどうなの?

テレビでみたニュースや出来事に思わず突っ込みたくなる

【伊勢崎市民病院】手術データ盗難で個人情報が悪用される?

群馬県の伊勢崎市民病院で手術データ盗難が盗難される事件が発生したみたいです。

盗難の経緯を読むと、なぜ盗まれたの?と不思議な状況ですね。

この先、どんな不利益を被ることになるのか推察してみたいと思います。

 

ニュースの概要

 

患者の手術データの分析を委託している会社の女性社員(27)の車が車上荒らしに遭い、1万5158件の手術データを記録したハードディスクと、147人のデータが記載された紙が盗まれたと発表した。

ハードディスクなどには患者名も記録され、病院外への持ち出しが禁止されている。

出典:読売新聞

 

ニュースを聞いて不思議だったんですけど、そういう個人情報って持ち出し禁止ですよね。

それなのに外部の会社にデータの分析を頼むのですね。

本来なら持ち出し禁止なので、この外部の会社員は病院内で作業をしないといけなかったのでしょうか?

それとも今までもなんの疑問も持たずに持ち出しをしたり病院も黙認していたんでしょうか?

一旦、持ち出せば紛失や盗難は充分考えられますよね。

そこの扱いも疑問ですね。

しかも、会社員は社内にまる一日以上放置してたということで、データの分析もやっていないですよね。

すぐに仕事にかかっていたら置き忘れにも気付いていたと思うと、何重にもミスがあったのでは?と思ってしまいます。

スポンサーリンク

個人データはどれぐらい入っていた?

件数としては、 1万5158件の手術データということで 1万5158人分ということなんでしょうか?

こちらはハードディスクとして保存されて、紙に記載されている147人分のデータも盗まれています。

この中にデータの内容として、個人名や連絡先などの情報も含まれているのでしょうか?

ひとりひとりの詳細なデータも一緒だとすると、悪用されると大変なことになりますよね。

スポンサーリンク

悪用される事案はなに?

 

もし、内容が個人名や住所、電話番号、最近はメールアドレスなど入院の申し込み書類に書きますよね。

私はメールアドレスの欄に記入したことはないです。

「流失しそう...」と思ってしまって。(^-^;

どんな病歴でどんな手術をした。という情報とともにデータ化されていたら、「健康に不安を抱えているひと」というリストにされてしまいそうですね。

健康に関してのセールスなど使用されてしまう可能性は大きいですね。

病院側は患者さんに連絡をとって謝罪するそうですが、身に覚えのないDMなどが届いたら無視するのが一番ですね。

スポンサーリンク

-事件
-