それってどうなの?

テレビでみたニュースや出来事に思わず突っ込みたくなる

富山・習志野・福島の水道水がモンドセレクション金賞受賞!

 

富山の水道水(とやまの水)がモンドセレクション金賞に

輝いて先日行われたG7会合でお披露目されたそうです。

モンドセレクションと言えば、銘菓などが受賞しているイメージが

ありますが、「水道水」でもOKなんですね。

 

一応、500mlのペットボトルに入っていますが

富山で一般的に飲まれている水道水だそうです。

なんと、今年のモンドセレクションの金賞は富山以外にも

「ナラシドウォーター♪」(千葉県習志野市)

「ふくしまの水」(福島県福島市)

などが受賞しているそうです。

 

ナラシドウォーター♪

 

千葉県習志野市では、最先端の高度浄水処理をしているそうです。

そのシステムとは、オゾン処理&生物活性炭処理

水中のにおいの元である色、農薬などの有機物を分解したあとに

粒状活性炭素の層に水を通すと分解された有機物を除去できる

という仕組み。

給水場では、井戸水65%浄水場35%の割合でブレンドされて配水されて

いるそうです。

まろやかで飲みやすい水になるそうです。

スポンサーリンク

モンドセレクションとは?

 

ベルギー経済省とECが応募で世界中から集まる消費生活製品を

審査・表彰する国際評価機関

お酒や銘菓以外にもシャンプーなどの製品も応募できるそうです。

食品だけだと思っていました。

 

最低8人の審査員による20項目チェックして決定される。

見た目、テイスト、フレーバー、舌触りや成分分析に

より、成分、パッケージなども審査対象になる。

 

日本の水のすごさ

 

日本は水質基準の項目が51項目あるそうで、

世界最高レベルの基準

ミネラルウォーターよりも厳しい項目チェック。

 

以前は、水道水はカルキ臭いと言われていましたが、

年々美味しくなっていますよね。

最先端の浄水技術は、綺麗にしてなおかつうま味も

残しているというのが特徴なんでしょうね。

 

水道料金も先進国の中では、ほかの国よりの半額ぐらいですね。

浄水設備がしっかりしていて安いお水が飲めるなんて

素晴らしいと思います。

 

ただ、料金格差があって10立方メートルの料金が

高いところは群馬県長野原町の3510円

安いところは兵庫県赤穂市の367円

高い地域は、人口の減少が顕著なところ、安い地域は

湧き水などが豊富なところなどの差があるそうです。

 

水道水を美味しくのむコツ

番組内で水ジャーナリストの橋本淳司氏が教えてくれました。

 

1 夜のうちに汲みおいて冷やす

夜のほうが水を使って流れているので良い。

置いておくと塩素が揮発するのでしばらく置いたあとに冷蔵庫へ

 

2 沸騰させた水はすぐ飲むのはいいが殺菌力が低くなっているのでその日のうちに飲む

3 ポリタンクに入れるときはゆっくり入れる

泡がたつと雑菌が入り込む

4 ポリタンクに入れるときは、最後は口からこぼす

口の周りに塩素がついて消毒される

 

飲み水としては3日を限度に使う。

生活用水としては1か月もつ。

スポンサーリンク

まとめ

 

海外に行くと水道水を飲むのは遠慮したいところが

多いですが、やはり日本の水は安全でおいしいのですね。

しかも、値段も安いとは思いませんでした。

これからも安心して飲みたいと思います。

 

-ニュース
-,