それってどうなの?

テレビでみたニュースや出来事に思わず突っ込みたくなる

右代啓祐(うしろけいすけ)がリオで旗手に!武井壮との関係は?

2016/08/17

右代啓祐(うしろけいすけ)さんが日本選手団の旗手として開会式に出ることになりました。

しっかりとカメラでズームされますね。

壮行会で旗を手渡されたときに、「軽いけど重かった」と言っていました。

あの筋肉で受け取ったら、そりゃ旗も軽いですよね。

でも、歴代の選手たちの重みがそこにありますね。

スポンサーリンク

右代啓祐(うしろけいすけ)

生年月日 1986年7月24日
現年齢 30歳(2016年現在)
出身     北海道江別市
身長     196cm
体重     95kg

自己ベスト     十種競技:8308点(2014年)

 

身長が大きいですよね。

テレビ画面で拝見しましたが、かなーーーり大柄です。

普通の椅子に座っていて足の長さが半端ないですよ。

しかも、あの鍛え抜かれた筋肉!

ギリシャ神話並みですね。

陸上と言っても、十種競技なので筋肉の付き方も独特なんでしょうね。

 

こちらの右代家は家族みんながスポーツをやっていて、しかも好成績!

それを見るとDNAが違うのかな?と思います。

私はスポーツが苦手でして、特に陸上!

短距離も長距離もどちらもダメ。(^-^;

スポンサーリンク

武井壮とは友達?

 

右代選手のことを調べていたら、武井壮さんのお名前も出てきました。

武井さんは、今はタレントとして芸能界で活躍されていますが、以前は同じ十種競技をやっていて元日本チャンピオンという経験があります。

お二人をみると、筋肉の感じが同じですものね。

武井さんも相変わらずトレーニングをして鍛えています。

大先輩の武井さんとの会談などもやったことがあるようで、武井さんに対してのリスペクトっぶりが凄いですね。

一口に陸上と言っても十種競技って特殊ですよね。

二日間に分けて行われ1日目は100m、走幅跳、砲丸投、走高跳、400m。

2日目は110mH、円盤投、棒高跳、やり投、1500m。

もう超人的なスケジュールですよ。

持久力、瞬発力、いろいろな要素が組み込まれていますよね。

日本では選手人口が少ないようですが、このメニューをこなせるひとがいないだけですよね。

誰でもできるというかやろうと思わない競技かもしれません。

右代選手は、左手親指の骨折が治ったばかりで心配ですが、道産子のパワーで乗り切って欲しいですね。

 

関連記事

右代啓祐の筋肉を支えるのは結婚した嫁と子供!怪我エピが感動!

スポンサーリンク

-スポーツ
-, , ,