それってどうなの?

テレビでみたニュースや出来事に思わず突っ込みたくなる

白井の新技はオリンピック開催中に認定されるの?【リオオリンピック】

白井健三さんが行う跳馬の新技が注目を集めています。

リオ五輪開催中に認定されるのでしょうか?

 

白井健三

しらい けんぞう
生年月日 1996年8月24日
現年齢 19歳
生誕地     神奈川県横浜市
身長     162cm
体重     51kg
種目     体操
得意種目     床運動
所属     日本体育大学

 

華麗な床運動のひねりはいつも見惚れますよね。

スポンサーリンク

今までのシライ技

白井さんの名前がついた技は4つあります。

競技の技の命名というのは、オリンピックはもちろん、世界選手権やワールドカップなどの大きな国際大会で成功させた人の名前が付けられます。

「シライ/ニュエン(後方伸身宙返り4回ひねり)」
「シライ2(前方伸身宙返り3回ひねり)」
「シライ/キムヒフン(伸身ユルチェンコ3回ひねり)」
「シライ3/後方伸身2回宙返り3回ひねり」

 

今までシライ2とシライ3以外は、連名で他の選手の名前も入っていますが、それでも改めてシライが入った技を見るとその凄さがわかりますね。

スポンサーリンク

リオオリンピック中に命名される?

 

現在、取り組んでいる技を申請?

リオデジャネイロ五輪の体操男子の水鳥寿思監督は2日、白井健三(日体大)が挑む可能性のある跳馬の伸身ユルチェンコ3回半ひねりを、採点規則に載ってい ない新技として申請したことを明らかにした。成功すれば、国際体操連盟の技術委員会での協議を経て、白井の名前が付く見通し。

出典:時事通信

 

まずは、技を成功させないと命名もされないわけですが、いつもの白井選手なら、オリンピックでも成功の確率はかなり高いのではないでしょうか?

それを前提で疑問なのですが、開催中にすぐに認定されるのでしょうか?

今ではカメラでしっかりと判定もされるので、申請しておけばすぐに認められるのかもしれないですね。

もちろん、そうなったら「シライ4」という名前になるんでしょうね。

しかし、白井選手どこまで行ってしまうのでしょう?

このままなら他の難易度が上がった技も会得してしまいそうですね。

シライ5、シライ6と...なりそうですね。

リオオリンピックでは、男子体操の跳馬は6日の22:30から予選が始まります。

予選から新技を入れてくるのでしょうか?

こちらは決勝まで温めておくのかもしれませんね。

テレビの前で楽しみにしたいと思います。

スポンサーリンク

-スポーツ
-,