それってどうなの?

テレビでみたニュースや出来事に思わず突っ込みたくなる

法村珠里の年齢は?名門バレエ団の実家が凄いと評判のバレエ一家!

「人生が変わる1分間の深イイ話」で名門一家は本当に幸せなのか?のコーナーで紹介されるプリマドンナの法村珠里さん。

すごい実家のようでどんな方か調べてみました。

 

法村珠里

 

生年月日は調べてみたのですが出てきませんでしたが、番組内で32歳独身と紹介されていました。

 

平成27年公演「アンナ・カレーニナ」で平成27年度文化庁芸術祭優秀賞受賞

スポンサーリンク

法村友井バレエ団

法村友井バレエ団は、1937年に故法村康之、友井唯起子によって設立されたプロ活動を行っているバレエ団です。1983年より法村牧緒が団長となり、バレエ学校にロシアバレエのシステムを定着させ、多くの生徒を育て、それらの若く優秀な人材が現在のバレエ団の中堅となっています。東京、大阪での自主公演のほか、文化庁主催公演、会館主催事業、おやこ劇場等、多くの舞台実績を持ち、文化庁芸術祭大賞、大阪文化祭賞など数多くの評価を受けています。


出典:法村友井バレエ団HPより

 

創立者の法村康之氏が珠里さんの祖父にあたる方ですね。

三代目なんてやはり名門ですよね。

スポンサーリンク

バレエ一家

祖父の康之氏、父の法村牧緒氏と母の宮本東代子さんもバレエをやっています。

兄の法村圭緒さんもバレエと、本当に家族全員バレエに携わっているんですね。

珠里さんの初舞台は3歳というので、それ以前からレッスンを受けていたことになります。

ご本人曰く、お母さんのおなかの中でも踊っていた。と言うほどです。

ある意味、プリマのお母さまと一緒に踊っていたといっても過言ではないですね。

すでに、生まれた時からこの環境だと自然にバレエの道に行きますよね。

もちろん、サラブレッドのようにDNAに踊るということが組み込まれていそうです。

もしかすると、どこかで反発する気持ちもあったかもしれませんが、バレエで留学したモスクワでプロとしてやっていく決心をしたそうです。

やはり、いろいろなプレッシャーも多い名門一家ですが、その道に進もうとしたときには、こんなに恵まれた環境はないですよね。

珠里さんも、今ではバレエ団以外のお宅に生まれてたとしたら?などと考えることもないのではないでしょうか。

ちょうど、 「人生が変わる1分間の深イイ話」 の放送日はお父様の誕生日ということで、華々しくプリマドンナとして紹介される娘さんの姿がよいプレゼントですね。

スポンサーリンク

-著名人
-