それってどうなの?

テレビでみたニュースや出来事に思わず突っ込みたくなる

杉山翔大捕手の怪我の状態は?後遺症があるのか気になる!緊急降板

中日-ヤクルトの試合中に、杉山翔大捕手がヤクルトのバレンティンのバットが頭部にあたり緊急降板したとニュースがありました。

現在は、救急車で病院に搬送されたということですが、頭の怪我ということで心配です。

 

杉山翔大

出身地     千葉県旭市
生年月日 1991年2月10日
現年齢 25歳
身長 173㎝
体重 88 kg

投球・打席     右投右打
ポジション     捕手、一塁手、三塁手
プロ入り     2012年 ドラフト4位

スポンサーリンク

怪我の状態は?

 

搬送されたときには、意識があった。ということで一安心です。

バットが頭部に当たって出血していたということで、内出血の心配はないですね。

頭部の怪我で一番心配なのは、あとから内部で出血したほうが脳内圧が高くなって重傷になる場合が多いです。

名古屋市内の病院へ搬送された。との情報だけなので、どこの病院かは報道されていませんでした。

自分の名前も言える状態だった。ということで、単にバットが当たったことによる裂傷程度ならいいのですが。

スポンサーリンク

後遺症はある?

 

怪我をした時の映像をみると、後頭部が当たったように見えました。

振り切ったバットが直撃していたなら、かなりの衝撃だったのではないかと思われます。

その点は、心配ですね。

当たった直後は、身動き出来ていないのですが、これは衝撃で脳震盪も起こしているからだと思われます。

頭部損傷となると、かなり綿密に検査も行われるでしょうから、病院での適切な処置にゆだねるしかないですね。

どうか後遺症がないように祈っています。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

-スポーツ
-