それってどうなの?

テレビでみたニュースや出来事に思わず突っ込みたくなる

黒にんにくの効能・作り方や食べ方について!自宅の炊飯器でできる?

黒にんにくが気になっている。というひと結構多いのではないでしょうか?

「この差って何ですか?」でも黒にんにくが取り上げられるようです。

普通のニンニクと黒ニンニクの差も気になりますよね。

スポンサーリンク

黒ニンニクとは

 

普通のニンニクを一定の温度や湿度で加熱したあとに数日かけて熟成させると「黒ニンニク」になります。

熟成されたことで独特のにおいが消えて食べやすく「 S-アリルシステイン 」の含有量が4倍にもなります。

 

効能

わずかに摂取することで、活性酸素を除去できるという研究結果が出ています。

もともと、ニンニクは滋養強壮があると言われていますが、一番困るのは臭いですね。

黒ニンニクは加熱したあとに熟成されることによって栄養素が多くなり匂いもなくなるという二重の利点があります。

 

食べ方

生よりは刺激が少ないのですが、それでも1日2欠片を目安にとると良いと言われています。

スポンサーリンク

自宅の炊飯器で作れるって本当?

 

黒にんいくの作り方を調べてみると、炊飯器で保温すると作りやすいとあります。

ただし、これは普段使用しているごはんを炊く炊飯器と混同しないで使ったほうがいいみたいです。

新しい炊飯器に買い替えるときなど、古い炊飯器をニンニク用にするという使い方のほうがいいみたいですね。

作り方は簡単で、炊飯器の釜にお皿などの台になるものを敷き、その上に金網(ケーキクーラーなど)をおいてその上に皮付きのままのニンニクを並べて「保温」状態にして1週間ほど置く、途中で保温が切れないか確認してください。

保温が終わったら、粗熱をとってから瓶などで保存。

保存している間も発酵します。

そして、保温しているときに厄介なのが「ニオイ」です。

田舎の一軒家ならいいかもしれませんが、匂いがかなり出るようなので注意が必要ですね。

スポンサーリンク

自宅で作るメリットとデメリット

 

自宅でそれほど手間もかからずにできる黒ニンニクですが、やはり気になるのは臭いです。

そして、すでに使わなくなったような炊飯器がある。という条件付き。

わざわざ黒ニンニク用の炊飯器を購入するのもね。

市販の黒ニンニクは結構高いですが、断然手作りのほうが安くすみます。

数日間も保温し続けて匂いがあるは、少しきついかな?とも思います。

最近では、黒ニンニクの入ったサプリメントもあるので、手軽に摂りたいのならそちらのほうがおすすめかもしれません。

 



 

-その他
-,