それってどうなの?

テレビでみたニュースや出来事に思わず突っ込みたくなる

【富山県高岡署】交通切符の巡査長は誰?今までも誤認事案があった?

最近、ドライブレコーダーを搭載している車が増えました。

事故の記録以外にもこんな時に役立つとは!

 

ニュース概要

 

富山県警高岡署は23日、青信号で交差点に進入した車の運転手2人に、信号無視したと誤って交通切符を交付していたと明らかにした。同署は2人に謝罪し、切符を回収した。

男性が約2時間後にドライブレコーダーの画像を同署に持ち込んだため誤交付が判明した。同署によると、巡査部長は聞き取り調査に「赤信号だと錯覚した」、同乗していた巡査(29)は「巡査長が赤だと言ったので疑わなかった」と話しているという。

出典:産経ニュース

 

車を運転していた男性の主張が正しかったんですね。

自分がしっかり青信号と認識して交差点に進入していたら、誰もがそう主張すると思います。

でも、証拠がなかったら水掛け論になるだけですものね。

きっと、男性も後になってからドライブレコーダーに記録が残っていると思いついたのでしょうね。

もう一台のほうの車には、搭載されていませんでしたが、一緒に摘発されたために同じ証拠で無罪が証明できて良かったです。

スポンサーリンク

切符を交付した巡査長は誰?

 

誰でも見間違いや勘違いってあると思うんですよ。

でも、今回のように交通違反の切符をきるときには間違いがあってはいけないことですよね。

もしかすると、その切符で相手の人生が違ってくることも十分あります。

警察はこのミスをした巡査部長の名前は公表していませんが、公務員という立場の仕事をしてるひとのミスって公開してほしいな。と思います。

スポンサーリンク

以前にもあった可能性は?

 

この巡査部長個人だけでなく、同じようなミスって他の警察や署員がやっている可能性もゼロではないですよね。

もちろん、実際に交通違反をしても「絶対にやっていない!」と言い張るほうも問題ですが、こんな場合に目視だけでなく客観的な証拠がない場合に切符を切るのはどうなんでしょうか?

速度違反などは、ちゃんと計器ではかって検挙しますよね。

それこそ、パトカーなどに搭載されているドライブレコーダーに映っていたら検挙というようにしないと人の目では見間違いのミスも出そうです。

こんな間違いのないようにしてもらいたいです。

今回のニュースを聞いて、やっぱりドライブレコーダーを購入しようかな。と思いました。

スポンサーリンク

-ニュース
-