それってどうなの?

テレビでみたニュースや出来事に思わず突っ込みたくなる

ホワイトザウルスの破損は設計ミス?あまりにも早く壊れすぎ!

福井県勝山市村岡町 にあるホワイトザウルスのモニュメントの頭部が破損して落下したというニュースを見ました。

周りに人がいなくて良かったですね。

 

ニュース概要

 

福井県立恐竜博物館に向かう勝山市村岡町五本寺の市道沿いに設置されている恐竜モニュメント「ホワイ トザウルス」の頭部が11日、地面に落ちているのを県警勝山署員らが発見した。雨などにより骨組みの木材が腐り落下したとみられる。夏休み目前で、多くの 観光客が通る場所だけに、管理している市では「修復できないか早急に考えたい」としている。

出典:福井新聞

 

早朝に落下したようですが、普段から見学客も多いみたいなので、近くに人がいたらと思うとぞっとしますね。

怪我したひとなどがいなくて良かったです。

スポンサーリンク

2年前に修復

 

こちらのホワイトザウルスは2年前に修復して300万円をかけてポリウレタンなどでコーティングして補強していたみたいですが、いくら屋外に設置していても2年ぐらいで腐食するんでしょうか?

その補強のときにも耐久性を考えて工事したみたいですが、その設計計画自体に問題はなかったのでしょうかね?

決められた補強をしていたらわずか2年ぐらいで頭部が落ちるほど腐食するものなのかな?と不思議に思いますね。

普通の建物などの建築物と違って、恐竜の形になっているモニュメントなどは設計が違うのではないかな?と思うのですが、今回は人的被害が出なかっただけ良かったですね。

今度はちゃんと丈夫に修復してほしいと思います。

スポンサーリンク

ネットでの反応

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

-ニュース