それってどうなの?

テレビでみたニュースや出来事に思わず突っ込みたくなる

顔マラソンをやるなら北海道がおすすめなポイント2つを紹介

 

今ちまたでじわじわ流行っている顔マラソン。

マラソンは足を使うものだろ?と思ったひと。

ブブーーーッ!(間違いの音響)

 

 

/ Pixabay

 

顔マラソンとは

 

もともとGPSアートと言って、海外で盛んにおこなわれていた

GPSの軌跡を記録して、地図に通った場所をあとから観れるアート作品として

いろんなところで発信されていました。

絵柄は動物や車などで移動方法も自転車などが多いみたいですね。

日本では、移動を走って距離が42.195kという設定のもと、図柄が「顔」と

うことのようです。

 

スポンサーリンク

 

いろいろな地域の顔マラソン

 

現在、稼働している「顔マラソン」のサイトでは、全国いろいろな

地域で走ったコースがアップされています。

こちらは、事務局のひとが実際に走ってコースを制作しているみたいですね。

そのコースを走ってみるのも良いですが、個人的に「顔マラソン」を

楽しんでいるランナーも多いみたいです。

「顔マラソン」の公式サイトでは企画で開催されることもあるようです。

 

決まりとしては、一人でなくてもチームで作ったものでも良いそうですよ。

コースも詳しく掲載されているので、その通りに走ってみるもよし。

自分で新たなコースを開発するもよし。

走ることが好きなひとは、こういった楽しみ方もありますね。

また、今までマラソンに興味がなかった人でも走ってみようかな。と

思うきっかけになるかもしれません。

 

「顔」ではありませんが、仕事を辞めて日本の国土を使って

このGPS機能でメッセージを書いて「MARRY ME」(結婚してください)と

プロポーズした男性もいます。

OKされなかったら凹みますけど。(T_T)

無事にOKされたようで一安心。

 

なぜ北海道がおすすめ?

 

碁盤の目の道路が多い

初心者のかたは、いろいろなルートを考えるうえで

湾曲した道ばかりだと方向がよくわからないのではないでしょうか?

事前にルートを設定していても、通っていて錯覚することありませんか?

図柄が顔なの、湾曲ルートもあったほうが自然(?)な感じに

仕上がるでしょうが、慣れていないひとは道路がわかりやすいほうが

制作しやすいという利点があります。

 

気候がよい

 

冬に敢行するのはキツいですけど、初夏から秋にかけて

特に夏場でもあまり気温が高くならないために半年ほどは

マラソンをするには良い気候だと思います。

東京の夏に顔マラソンは大変です。

顔マラソンファンの人は、季節によって各地を観光がてら

コースの遠征をするのも楽しいかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

いろいろな機器の発達で、以前では考えられなかった趣味などが

出てきていますね。

GPSアート検索するとかなり緻密な、これってどうやったの??と

驚くような職人作品もあります。

顔マラソンは、ほのぼのしていて楽しんで走っているのだろうな~と

いうのが伝わっていいですね。

私は走るのが苦手なので「鑑賞」で楽しみたいと思います。

水分補給を忘れずに楽しんでください。

顔マラソン公式サイト

-エンターテイメント
-