それってどうなの?

テレビでみたニュースや出来事に思わず突っ込みたくなる

アンナチュラルの赤い金魚とは?中堂系(井浦新)の過去が気になる!

こんばんは、えりっちです。

金曜ドラマ「アンナチュラル」始まりましたね!

不自然死を解明するドラマですが、豪華な出演陣とストーリー展開に引き込まれます。

第1話を観てとても気になったことがあります。

中堂系(井浦新)とフォレスト葬儀社の木林南雲(竜星涼)との会話で出た「赤い金魚」という言葉です。

 

赤い金魚?

一体なんのことを指すのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

アンナチュラル「赤い金魚」とは?

 

不自然死究明研究所(unnatural death Investigation laboratory)に運びこまれるご遺体を扱っているフォレスト葬儀社。

毎回、担当の木林南雲(竜星涼)さんがUDIラボにきています。

そこで、中堂系(井浦新)さんと怪しげな会話が交わされていました。

 

木林南雲:「今月は出ませんでした。赤い金魚

ここで、解剖室の様子が映し出されます。

過去の出来事でしょうか?

 

中堂系:「引き続き頼む」

中堂がそういうと木林にお金をそっと渡していました。

 

これは、お金でいろんな情報をもらっているのでしょうか?

 

赤い金魚という隠語が気になります。

赤い金魚のような死斑があるご遺体など...

これは推測ですが、ある一定の条件のご遺体のことを指すのかな?と思いました。

 

そして中堂系は、そのご遺体を解剖することを希望しているのでしょうね。

赤い金魚について情報があれば、木林に優先的に回してもらうように頼んでいるのかな?と思います。

きっと、この点については今後もストーリーで触れられそうです。

 

スポンサーリンク

 

アンナチュラルの中堂系(井浦新)の過去が気になる!

 

今回の井浦新さんの役どころは注目しています。

まずは井浦新さんのプロフィールも振り返ってみます。

 

井浦新

 

いうら あらた


生年月日 1974年9月15日
年齢 43歳
出身地 東京都日野市

血液型 A型
身長 183㎝

テンカラット所属

 

 

「アンナチュラル」では周囲のスタッフが仲が良いだけに、UDIラボの仲でもアウトロー的な感じですね。

でも、経験が多いのでいざというときにはとても力になります。

 

すでに3000体以上の解剖経験があるということで、それだけの経歴を持っていたら知識も多いでしょうね。

もしかして、解剖医になったきっかけが「赤い金魚」に関係しているんじゃないか?と思います。

自分の家族の死因を解明したいとずっと思っているとか...

 

毎週のあらすじ以外にも中堂系の過去や、三澄ミコトの過去も気になります。

ミコトの弟が「恋人にすべて話したのか?」と言ってたのも気になりますね。

 

第1回目からテンポもよく、1時間でぎゅっと濃く話がまとまっていて観やすいです。

これは今クールかならず観続けます。

 

スポンサーリンク

 

関連コンテンツ

スポンサーリンク

-ドラマ
-