それってどうなの?

テレビでみたニュースや出来事に思わず突っ込みたくなる

永山博基(早稲田)の出身高校や成績は?使用シューズや家族について

こんにちは、えりっちです。

第94回箱根駅伝往路ご覧になりましたか?

東洋大学は絶好調でしたね!

復路で注目しているのは、早稲田大学の永山博基(ながやま ひろき)選手です。

今のところ往路の7区にエントリーしています。

早稲田大学の往路は1位の東洋大学に1分56秒差で3位につけています。

まだまだ分かりませんね。

往路が楽しみです!

永山博基選手の出身中学や高校、陸上の成績やシューズ、家族について調べてみたいと思います。

 

まずは、永山博基選手のプロフィールからどうぞ。

 

スポンサーリンク

 

永山博基

ながやま ひろき

生年月日 1996年7月20日
年齢 21歳
出身地 鹿児島県姶良郡湧水町
身長 168cm
体重 50kg
血液型 B型

自己ベスト
5000m 13分58秒81 (2015年)
10000m 28分25秒85 (2016年)
ハーフ 1時間02分55秒 (2016年)

 

特技が「椅子取りゲーム」というおちゃめな一面もあります。

きっと素早く椅子に座るのがうまいんでしょうね。

寮で部員のみんなとわいわい椅子取りゲームやっているのが目に浮かびそうです。

でも、あまりに早く動いて足をぶつけないように要注意ですね。

 

永山博基選手の中学と成績

 

永山博基選手は湧水町立栗野小学校から湧水町立栗野中学校へ進学しています。

知り合いがすぐ隣接している県に住んでいるのですが、ほっとする景色が多いですよね。

そんなところで小さい頃から育った永山博基選手だからあの優しそ~な雰囲気になるんでしょうか?

もちろん、走っている時は精悍ですがオフになった表情はとても癒し系ですよね。

 

小学校のころからすでに陸上に対して興味があったようで地方のマラソン大会などにも出場していたようです。

小学生でマラソン大会って凄くないですか?

子供なら野球やサッカーなどのスポーツに興味が出るころですよね。

陸上以外のスポーツは一切興味がなかったようで、ずっと陸上一筋だったようです。

 

永山博基選手は中学の時にすでに凄い記録を残しています。

中3の終わりの頃、2012年3月18日に5000mで当時の日本中学歴代2位の14分49秒75を出しました。

現在はこの記録は6位となっています。

ちなみに1位の記録は石田洸介さんが2017年12月3日に出した14分32秒44です。

 

中学時代の陸上成績

    
2011年全日本中学校選手権  3000m 8:45.17 4位
2011年ジュニアオリンピック 3000m 8:37.10 5位

    
全国中学駅伝

2011年全国中学駅伝 4区01位 09:03 栗野中28位 区間賞MVP

    
全国男子駅伝

2012年都道府県対抗駅伝 栗野中 2区02位 08:40 鹿児島14位

 

中学の時からすでに駅伝に出場していたんですね。

 

スポンサーリンク

 

永山博基選手の高校と成績

 

出身高校は鹿児島実業高等学校です。

この高校の偏差値は41から70と幅広く、国公立や有名私立、医学部への進学実績もあります。

部活動は野球部、サッカー部、陸上部が特に盛んで、野球部は甲子園大会、サッカー部は全国高校サッカーでの優勝経験があり、陸上部は全国高校駅伝への出場経験があります。

卒業生には、プロサッカー選手では遠藤保仁さんや伊野波雅彦さんなど、プロ野球選手では横田慎太郎さんなどがいます。

やっぱりサッカー選手や野球選手が多いです。

そんな中で、永山選手は1年生の時から活躍していました。

 

高校時代の成績

全国高校駅伝

2012年全国高校駅伝 3区17位 24:46 鹿実14位
2013年全国高校駅伝 4区05位 23:26 鹿実16位
2014年全国高校駅伝 1区38位 30:40 鹿実21位

全国男子駅伝

2013年都道府県対抗駅伝 鹿実 4区21位 14:57 鹿児島18位
2014年都道府県対抗駅伝 鹿実 1区37位 20:57 鹿児島19位
2015年都道府県対抗駅伝 鹿実 5区05位 24:52 鹿児島05位

 

早稲田大学を選んだ理由と大学時代の成績

 

鹿児島実業の先輩高田康暉(たかだ こうき)さんへの憧れから早稲田大学を志望したそうです。

入学してからすぐの5月関東学生対抗選手権5000mで自己ベストで出しました。

2年では2016年11月26日の八王子ロングディスタンス10000mで現チーム最速で自己ベストの28分25秒85を出しています。

つい最近、足を痛めていたそうなので、万全の状態で箱根駅伝に臨んでほしいところですね。

大学での成績
    
出雲駅伝

    
2017年第29回大会 3区11位 25:56 早稲田09位

    
全日本大学駅伝

    
2015年予選会   2組04位 30:03.08 早稲田04位
2015年第47回大会 7区02位 35:26 早稲田04位
2016年第48回大会 4区01位 40:37 早稲田02位 区間賞
2017年第49回大会 6区03位 36:03 早稲田07位

箱根駅伝

2016年第92回大会 4区04位 0:55:54 早稲田04位
2017年第93回大会 2区10位 1:08:50 早稲田03位

全国男子駅伝

2017年都道府県対抗駅伝 早大 3区08位 24:29 鹿児島13位

 

永山博基選手が履いているシューズですが2016年の箱根駅伝の時にはadidasでした。

こちらは早稲田大学のチームで採用しているメーカーなので、今年もadidasのようです。

第96回箱根駅伝では、何かとシューズに注目が集まっていますね。

 

スポンサーリンク

 

永山博基選手の家族

 

永山博基選手が小学生の頃からマラソン大会に出場していたことから、もしかしてご両親が陸上の選手だったとかなのかな?と思ったのですが、こちらは陸上好きな息子さんを連れていってただけのようです。

そんな風にお子さんの好きなことを尊重してくれるご両親は素敵ですね。

兄弟についても同じように陸上をしているのかと思って調べてみたのですが、永山博基選手の兄弟情報は出てきませんでした。

もしかするとひとりっ子なんでしょうか?

 

箱根駅伝ではご家族も駆け付けて声援を送るのでしょうか。

怪我のないように頑張ってください。

 

 

関連コンテンツ

スポンサーリンク

-箱根駅伝2018
-