それってどうなの?

テレビでみたニュースや出来事に思わず突っ込みたくなる

生島ヒロシの妻や子供と家族は?自宅や年収について調べてみた!

こんにちは、えりっちです。

TBSでアナウンサーをやって現在はフリーで活動している生島ヒロシさんをご存知でしょうか?

最近は地上波のテレビ番組でお見掛けしなくなったかな?と思っていたのですが、なぜか記憶に残っています。

どこで拝見していたのか?と記憶を辿ってみると、テレビショッピングでした。

やっぱりアナウンサーのかたが商品を紹介すると、聞きやすいですね。

今日は、生島ヒロシさんが結婚した奥様って誰だっけ?と気になったので嫁情報とともに子供や家族についてと、豪華と評判の自宅や年収について調べてみたいと思います。

 

それでは、生島ヒロシさんのプロフィールからどうぞ。

 

スポンサーリンク

 

生島ヒロシ

 

いくしま ひろし

生年月日 1950年12月24日
年齢 66歳
出身地 宮城県気仙沼市

職業 アナウンサー、タレント、ファイナンシャルプランナー

カリフォルニア州立大学ロングビーチ校ジャーナリズム科卒業

 

生島ヒロシさんは、ファイナンシャルプランナーの資格も持っているんですね。

ちょっと意外な感じです。

てっきり「お話」をすることがメインの仕事ばかりと思っていました。

 

生島ヒロシさんの妻や子供

 


 

生島ヒロシさんの奥様って誰なのかな?と思って調べてみました。

もしかして女子アナとか同業者だったのかな?と勝手に想像したのですが、どうやら業界の出身のかたではないようです。

一般人のかたなので情報が出ていないみたいですね。

でもとても料理がお上手で、旦那さんの生島ヒロシさんも奥様をべた褒めしていてご夫婦の仲も良好みたいですよ。

 

そんなおふたりの間には息子さんが二人いらっしゃいます。

長男の生島勇輝(いくしま ゆうき)さんは、俳優やレポーターをしていて、次男の生島翔(いくしま しょう)さんは、アメリカでダンサーをしています。

お父さんの影響だったのか、お子さんは芸能の道に進まれたんですね。

 

生島ヒロシさんの兄弟は末の弟さんの生島淳さんはスポーツジャーナリストをしています。

二番目の弟さんは生島ヒロシさんが立ちあげたプロダクション会社の株式会社生島企画室の社長を務めています。

フリーアナウンサーになったことがきっかけで設立した会社ですが、弟さんに代表取締役を任せられるほどの仲なんですね。

よく、芸能界でも兄弟仲があまり良くないという話しも聞きますよね。

 

スポンサーリンク

 

生島ヒロシさんの自宅はどこ?

 

生島ヒロシさんの4億円で建設した自宅も話題になっているようです。

いくら東京で土地が高いと言っても億になると、かなり内装も豪華なのではないでしょうか?

その自宅は毎年、あちこちリフォームをやっているそうですよ。

一般人には考えられないですね。

東京の世田谷区の高級住宅街に自宅がありますが、芸能人の自宅は世田谷区というのはよく聞きますね。

昔はお金持ちのお宅は大田区の田園調布と言われていましたが、最近では世田谷区が人気のようですね。

場所の特定まで至りませんでしたが、内装は白を基調とした豪華なお宅です。

27年前に購入した時点で4億円ということですが、その後のリフォームの価格を足すとかなりの金額をご自宅にかけています。

 

自宅玄関には伊達政宗の甲冑が飾られていました。

同じタイプのものかわかりませんが、かなりのお値段するんですね。

【甲冑】 【鎧兜】 伊達政宗五枚胴具足写 (鎧 兜) (送料無料)

 

生島ヒロシさんの年収ってどれぐらい?

 

局アナ時代の年収は辞めた当時で年収1200万円だったそうです。

生島ヒロシさんは38歳の時に辞めているので、やっぱりTBSのアナウンサーだとお給料がいいですね。

フリーになって3年後になって3億6000万円になったそうです。

よくテレビ局のアナウンサーはフリーになると収入が格段に違うと聞きますが、生島ヒロシさんクラスのアナウンサーだとどれぐらいの年収なんでしょうか?

司会をやっている「ヒロシとDr.天野の健康サロン」ドラマ「水戸黄門」のナレーションやラジオ番組、単発の仕事もあります。

そして、東北福祉大学客員教授としての仕事もあって、講演活動もやっています。

株式会社生島企画室の代表取締役会長の職にも就いています。

今までにファイナンシャルプランナーの資格を活かした書籍も多数出版されていて印税も入っています。

いろんな肩書で活躍していらっしゃいます。

これは憶測ですが、それぞれの収入を合わせたら今でも億単位の年収になるのではないでしょうか?

そんなことを考えたら豪邸も可能ですね。

 

これからも益々の活躍を期待しています。

 

スポンサーリンク

 

関連コンテンツ

スポンサーリンク

-アナウンサー