それってどうなの?

テレビでみたニュースや出来事に思わず突っ込みたくなる

顔のむくみの原因は男だと違う?対策や手軽にとる方法を紹介!

こんにちは、えりっちです。

「身体のむくみ」と聞くと女性の悩みと思われているかたも多いのではないでしょうか?

男性でも顔や身体のむくみで悩んでいる方が意外と多いんです。

特に顔のむくみは人相が変わって営業やサービス業など対面で仕事をする人にとっては朝から憂鬱になってしまいます。

今回は、そんな男性の顔のむくみの原因や対策について紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

そもそもむくみって何?

 

人間の体内を巡っているリンパの流れが悪くなってしまうことで、その部分の不要な水分や老廃物が溜まってしまうことで引き起こされます。

主な原因は内臓器官に問題がある場合、身体の水分調節がうまくできない場合などがあります。

 

生活習慣でみるむくみの原因について

 

○アルコールの過剰摂取

 

アルコールには、利尿作用があるため脱水となった状態を緩和するのに身体は水分を溜めようと働きます。

またアルコールの血中濃度が上がるために、濃度を下げるためにも水分を溜めこもうとします。

結果としてそれが水分過多になって「むくみ」として現れます。

男性のかたは仕事上の付き合いで飲酒の機会も増えるので、アルコールが原因のむくみで悩んでいる方が多いですね。

最近では女性もお酒好きな方もいますが、往々にして女性のほうがマメにむくみ対策をしていて翌朝はスッキリと出社しているのではないでしょうか。

また、女性ホルモンの働きでむくみが出たりすることもあります。

 

○塩分の過剰摂取

 

男性のかたが陥りやすいむくみの原因として、塩分の多く含まれている食事を多く摂っているということも挙げられます。

体内では塩分濃度があがると正常に戻すために多くの水分を必要とします。

塩辛いものを食べると喉が渇くという自覚症状が出て、自然と水分を摂りますね。

ちょうどよい水分に補給ならむくみが出るまでいきませんが、そういう時に限って大目に水分を摂ることになってしまうんですよね。

上記でもあるように、アルコールに合うおつまみなども塩分が多いメニューになってしまいます。

そうなると、知らず知らずに水分を溜めこんでいるということになってしまいます。

三度の食事でも男性は濃い味付けのものを好みますよね。

飲酒の量や食事での塩分の摂り過ぎ、そんな生活習慣も気を付けないといけません。

 

スポンサーリンク

 

顔のむくみの原因は男女で違うの?

 

厳密にいうと、顔に出るむくみの原因は男性にしか当てはまらない。などということはありません。

ただ、女性のほうが食生活などでバランスの良い食事を気にしている人が多いのも事実です。

カロリーや栄養素、どんな働きがある食品か。ということを考えながらメニューを選んでいる傾向があります。

そして、むくみ対策などにも積極的ですね。

女性はむくみ対策で、美顔ローラーやむくみをとる化粧水などいろんなグッズで予防や対策をしています。

 

むくみの予防について

 

 

 

これはむくみに限らず様々な体調不良の場合にも言えますが、「きちんと休息をとる」ということがどんな不調にも共通することです。

そのうえで、栄養管理や適度な運動も組みあわせることが大事です。

それでは、手軽に取り組める予防や対策について紹介しますね。

 

お風呂では湯船に浸かる

 

入浴の時にシャワーだけで済ませたりしていませんか?

時間がなくてゆっくり湯船につからないという人も多いのではないでしょうか?

入浴は血管を拡げて、正しく発汗することでリンパの流れをよくして老廃物を排出する働きがあります。

ただし、入浴前後には水分補給をしっかりやって脱水にならないように気を付けてください。

シャワー派のかたも時間があるときには、湯船に浸かって身体を労わってくださいね。

 

カリウムを摂取する

 

塩分を多く摂取しがちの方は、カリウムを積極的に摂るように心がけましょう。

塩分に含まれているナトリウムの排出に役立ちます。

カリウムって何に含まれているんだ?と思いますよね。

大豆や海藻類、いも類などに多く含まれています。

カリウムはいろんな野菜や果物に含まれているので、日ごろからバランスのいい食生活を意識すると補うことができます。

 

スポンサーリンク

 

むくんだ時の対策

 

ツボ押しマッサージ

 

むくみを解消するツボというのもあります。

・天柱(てんちゅう)

親指を首筋と脊髄の間に沿うように置き、後頭部に向かい押し上げます。

その際に後頭部の骨にぶつかる箇所が天柱です。

そのまま両手の親指以外の4本の指で頭を支えます。

その状態から頭を後ろに倒すようにして刺激します。

 

・太陽(たいよう)

こめかみの中央にあるツボです。

太陽を両手の親指で押さえて若干目を上に押し上げるようにします。

残りの4本は軽く握りこぶしを作り、人差し指の側面で目頭から目尻に向かうように「の」の字に刺激します。

 

・曲池(きょくち)

腕を曲げた時に肘付近にシワが寄ります。そのシワの外側の先端部分にくぼみがあり、ここが曲池になります。

肘を曲げて、曲池を親指で押さえます。痛いけれど気持ち良いくらいの強さで刺激して下さい。

 

 

手頃に日ごろからできる対策としてむくみとり専用のサプリメントなどもあります。

むくみとりのサプリメントなんて女性専用なんじゃないか?と思うかもしれません。

サプリメントは男女ともに使えますし、顔以外でも足のむくみも共通して使用できます。

 

サプリメントの良い点は、手間がかからないということです。

生活習慣や食事管理、マッサージと共に取り入れてみるのもいいですね。

むくみサプリ「すらりな」

 

関連コンテンツ

スポンサーリンク

-からだケア